双子ちゃんその1
またまた菜園記です。
先日、花の世話をしているときにどうしても我慢が出来なくなって、じゃがいもを1本だけ収穫してしまいました。
本来なら今月末~7月に収穫すべきなのですが・・・
根菜って「地面の下で今どんな風になってるんだろう?」という見たい欲求が辛いですよね。
まま、これからって時に抜かれちゃったジャガイモの方が辛いかもしれませんが。
c0183002_13461842.jpg
かわいい。そしてちっちゃい。思った以上に少ない。

c0183002_13463063.jpg
しかもこの子、双子だ!
真ん中繋がってるの分かります?

ちなみに、種芋は栽培用ではなくスーパーで買って来たら食べる前に芽が出ちゃった小さい男爵です。
ひょっとしてこれは大きくならないサイズ?

真相は残りの株を掘り起こす来月初までお預けだ!





数年前だったか、新聞に載ってたホームセンターだかのコメントで
「最近は野菜の種や苗を購入する人が増えました。
 不況だからか、どうせ育てるなら家計の足しにしたいという人が増えているようです」てーのがあって
へえーと思ったのですが、実際の所どういう理由で皆さん栽培品目を選ぶのでしょう。

私は病害虫に強く(7階まで来るなよ虫どもめ!)、連作障害にならず、作って楽しいもの、
そして当然素人がベランダで作れるものを基準にしますが、
栽培効率というか費用対効果を重要視する人も結構いるらしいです。

で・・・実際問題、「元が取れる」なんてことあるんだろうか?
金銭的な準備物としては、プランター、培養土、肥料、場合によっちゃ殺虫剤やら農薬、苗や種、
毎年育てるなら腐葉土とか土壌改良剤、毎日の水。
管理面では毎日の水遣りから虫チェック、暑さ寒さ対策、風の強い我が家では強風対策・・・
(住み始めの頃、風の強い日にサボテンの鉢が端から端までごろごろ往復しているのを目撃しました。すっごいびっくりするよ!)

自分の経験上ではですが、大抵の品種では金銭的な対価を求めるのは難しいんじゃないかなーと思います。
「出来立てを味わえるよ!」とか、「引っ張ったらぼこぼこっとジャガイモが出てきたよ!」とかいう特権体験的なものか、
「ジャガイモの花って紫なんだね、よく見るとナスもトマトもよく似た花!さすが同じナス科だなあ」とか、
「いちごの粒粒って、よく考えたらあれが種なんだよねー、そりゃ苦労しますわよ」とかいって成長過程を楽しむか、
いずれかに喜びや楽しみを見出したい!という方にはとてもお勧めです。
実がなる、しかも食べられるって、普通の花を育てる以上にやっぱり面白いと思うのです。

興味のある人はぜひ何か育ててみませんか?思ってる以上に面倒だけど、塩茹でにして食べるの幸せだよ!
[PR]
by yappu425 | 2009-06-09 14:38 | 自宅
<< 双子ちゃんその2 ひょうたんぼく いちごちゃん観察日記 その2 >>