タグ:自然 ( 49 ) タグの人気記事
Schynige Platte_2 ベルナーアルプス! スイスその5
c0183002_2021646.jpg

幾度目かのカーブを曲がり、トンネルを抜けた瞬間、右手にアルプスの山々が突然開けました。
思わず上がる歓声。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-14 20:42 | ヨーロッパ
災害の爪痕
c0183002_2112596.jpg
祖父母のお墓参りに行って来ました。
佐用町ほどではありませんが、お墓のある朝来市は今回の台風9号で甚大な被害を受けました。
昨年の台風で倒れた山の木々が、今回の大雨で川に流され、橋や堤防を破壊したそうです。
大きな橋がM字型に壊れているのを見て、改めて水の威力に驚かされました。
「こんなこと初めてやし、せっかくやから少し見てきたら」と言われ、被害の痕を少しだけ見てきましたが、
只事ではない様子、まだ片付けに追われる町の人々に気が引けて早々に引き返しました。

ひまわり、田んぼ、一両の列車に入道雲・・・という田舎の夏休み風景を撮るつもりでカメラを持っていったはずが、
心を締め付けられるような景色を撮ることになってしまいました。
なくなられた方々の冥福をお祈りすると共に、被害にあわれた方々が一刻も早く普段の生活に戻られますよう
心からお祈り申し上げます。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-08-16 21:35 | 兵庫
五位鷺
草津市立水生植物園の脇、広大な蓮畑の上空をゴイサギが飛び回っていました。
こっちに来てくれなくって(人が多いから仕方ないんでしょうが)残念・・・

親鳥が飛んでいると、後から黒っぽいのが追いかけていきました。
暫く仲良く飛んだあと水辺に降り立っていきました。
こんな写真で分かるかと言われそうですが、これってホシゴイ(幼鳥)ですよね?
c0183002_0303091.jpg

c0183002_0303543.jpg


鷺の顔はどれもこれも怖いですが、ゴイサギだけは可愛いなと思います。
もうちょっと近くで見たかったな~。
[PR]
by yappu425 | 2009-07-27 11:22 | 滋賀
水郷めぐり      近江八幡その3
近江八幡観光の目玉は水郷めぐりです。
現在4社が営業しているらしいですが、一番風情があるのが手漕ぎ舟(と教わりました)。
c0183002_21572561.jpg

こんな感じの船に乗ります。
定時発みたいに書いてあったけど、貸切だと船が空いていればすぐ乗せてもらえます。
人数がある程度(4~6人)いれば貸切の方が気兼ねしなくて良いと思います。
c0183002_21583715.jpg

護岸整備されていない葦の脇を抜け、約70分間の船旅です。
たくさんある水路をぐるりと周るので、動力は漕ぎ手さんの腕と風次第。
このときは往路追い風だった分、帰りは手伝いたくなるほど大変そうでした。
漕ぎ手さんは50を過ぎたおじさんでしたが、「この世界では70代の方が活躍するので、自分は下っ端」と
笑っておられました。世界は深くて広いね・・・。
c0183002_2157980.jpg

葦原には竹篭が備え付けてあります。なまずやフナを獲るのだとか。
私は食べられませんが、鮒寿司はここの名物です。
c0183002_21564211.jpg

音もなく近づく船に、驚いて飛び立つカモ。
他にもヨシキリ(多分)やカイツブリの親子に出会いました。望遠に付け替える暇がなかったのが残念。

「水郷めぐり」のパンフレットに使われる場所がここ。右が桜並木、左にはナノハナが植えられます。
この辺りは水も大変浅く、川幅も狭い。
c0183002_21575063.jpg

そして時代劇撮影にも使われます。
「剣客商売」の秋山小兵衛が妻のおはるを船頭に、隠棲地から町に出る姿はこの辺りで撮影されているはず。
c0183002_21581017.jpg

木製の橋。
・・・と思ったら、柱部分はペンキで幹の絵が描いてあるコンクリでした。

曇りがちだったお天気でしたがすっかり青空が戻り、水辺を巡る涼しい風にのんびりとした船旅を過ごせました。

この約1時間後、前後の視界がゼロになるほどの雷雨に遭遇するのはまた別のお話。

More(へび注意)
[PR]
by yappu425 | 2009-07-23 14:05 | 滋賀
夕暮れのひとコマ
先日の夕暮れ、なんだかんだ言いつつ撮った写真。
c0183002_22472214.jpg

こんな感じで飛行機が見えます。
c0183002_22465643.jpg
c0183002_2247863.jpg

[PR]
by yappu425 | 2009-06-22 22:50 | 大阪
誰そ彼時、一条の月明り
今日、帰りの電車の窓から素晴らしく美しい太陽が見えていました。
あと5分ほどで沈みそうだけど間に合うか・・?!
もどかしい思いで電車を飛び降り帰路を急ぎます。
いつも遊んでもらう野良ちゃんも、こういうときは何故か空気を呼んで姿を見せない。良い子だ。
帰ると同時にカメラを引っつかみ、ダッシュで夕焼けが見える場所へ・・・!

間に合わなかった・・・・orz
この前の虹もぎりぎり間に合わんかったし・・・・
こういうとき、会社勤めが嫌んなります。

悔しいので去年の夏の妖しい空の写真をのっけときます。
c0183002_2314565.jpg

c0183002_2317240.jpg

c0183002_2315162.jpg


「こんなんちゃうねん!もっと心を揺さぶるような美しさやってん!」と、一番悔しくなるのが空の写真。
ちーっとも思うように撮れない。なのであんまりアップしたことないんですけど、
時間が経ってから見たら「あれ?なかなかいいんじゃない?」と思ってしまう記憶力の悪さ。
これもそんな在庫です。
[PR]
by yappu425 | 2009-06-18 23:30 | 大阪
梅雨の季節
奈良のほかの写真です。
c0183002_21132962.jpg
c0183002_21133717.jpg

王冠を撮りたかったけど、雨水では難しかった。
c0183002_2114388.jpg

c0183002_21134921.jpg
紫陽花にはまだ早い時期、彼らは既にスタンバイ。
[PR]
by yappu425 | 2009-06-14 12:04 | 奈良
静寂
c0183002_2132153.jpg

春の夜明けは静寂の中

c0183002_21321914.jpg


More
[PR]
by yappu425 | 2009-03-24 12:57 | 大阪
木と鳥と雪と   蔵王その7
c0183002_1857858.jpg

蔵王編、ラストです。

1枚目はつぐみちゃんとウメモドキ。例のごとくかなりトリミングしてます。
下が温泉の熱を含んだ川なので、ここら辺の木の枝にはかなりの雪がくっついています。

c0183002_1903294.jpg

秋頃にスリーピーホロウを見てから、ずっとあんな世界の写真が撮りたいと思っていました。
ちょっとだけ意識したけど、雰囲気でてるかな。もっと青っぽくした方が良かったかな。
冬に楽しみが見出せるって我ながら素晴らしい。

c0183002_1858126.jpg

c0183002_18583631.jpg

帰路のバスより。針葉樹と落葉広葉樹の雪のつき方の違いが分かって面白い。落葉樹ふわふわ。
宮城・山形の県境近くかな?今地図見たら「有耶無耶関跡」ってのが近くにあった。
凄い名前の関所だな。

長きにわたり、蔵王編お付き合いいただきましてありがとうございました。
あれ以来、チューリップやナノハナなど、春物の情報にあまり心を動かされないようになってしまい
気がつくと雪国のパンフレットなんか眺めてる自分が面白いです。
「同じ後悔するならやりたいことをやった方がいい」なんてよく言われますが、
やってみて後悔どころかここまで心奪われる思いになる経験が出来るなんて本当に幸せだな。

次は北海道か、信州か。シマエナガちゃんに会いたいから北海道かな・・・。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-02-20 10:52 | 東北
氷の世界  蔵王その6
c0183002_20514930.jpg

チュニジアシリーズより長編になりそうな蔵王シリーズですが、もう少しお付き合い下さい。。

今回は氷紹介です。
上は根雪の下の方が解けて氷になったもの。という理解で正しいのか分からんけど、氷。
きらめく氷の姿を撮りたかったけど、雪降るお天気では私の腕ではこれが精一杯。

蔵王って温泉だらけなので、凍った水を見つけるのが難しそうでした。
さすがに地熱で雪は解けないのかな。

c0183002_20525368.jpg

凶悪な氷柱。
洗面所の窓を開けるとこんなのが下がってました。直径8cmくらいあったと思う。
確実に凶器になるぞ、これ。
なんでこんなにしましま(っちゅー表現がおかしいのは分かるんですが)になったのかな?
他のところでは見かけませんでした。

c0183002_1901446.jpg

こちらはロングサイズ。分かりにくいですが、ゆうに1階分の長さ。屋根上の氷部分も恐ろしい。
・・・雪以上に氷の方が重いですよね?潰れないか心配になるなあ。
でも、長さ的には目撃した中ではまだましな方。ホテルの1.5階分の長さがある氷柱が最長でした。
[PR]
by yappu425 | 2009-02-17 17:48 | 東北