タグ:自然 ( 49 ) タグの人気記事
First_2 山頂湖・バッハアルプゼー   スイス16
c0183002_2313483.jpg

ハイキング続きです。
端正な美しい山・シュレックホルンSchreckhorn(4078m)を臨みます。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-10-08 23:50 | ヨーロッパ
First_1 フィルストハイキング1  スイス15
c0183002_22555653.jpg
ようやく滞在4日目です。あらあら。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-10-06 23:23 | ヨーロッパ
Grindelwald_3 ロープウェイの見える宿  スイス14
c0183002_22255956.jpg
長い一日を堪能して、グリンデルワルドに戻りました。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-10-02 22:51 | ヨーロッパ
BRIENZ ROTHORN_2 憧れの蒸気機関車 スイスその13
c0183002_21513863.jpg
今回は蒲鉾型のこの可愛い機関車を中心にお送りします^^
途中駅で水を補充する図。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-30 23:06 | ヨーロッパ
BRIENZ ROTHORN_1 ブリエンツ・ロートホルン鉄道 スイスその12
ブリエンツに来た目的はロートホルン蒸気機関車に乗ること。結構列車好き。
2298mの山頂まで、また1時間のSLの旅です。
c0183002_21474780.jpg
ブリエンツの町を見下ろしながら、機関車は急勾配を進んでいきます。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-29 11:33 | ヨーロッパ
ユングフラウ鉄道に乗って  スイスその10
c0183002_1149673.jpg
まだ3日目前半なのにその10になってしまった。あらあら。
約1時間のハイキングの終点はヴェンゲンアルプ駅。
ここからラウターブルンネンLauterbrunnenまで電車に乗ります。
「切符は電車の中で買ってね」と貼ってある小さな駅。
こちらの山岳鉄道の駅は、乗降のためというより列車すれ違いのために設けられているかのようです。
対向車が登ってきました。ホームをふさぐように止まってしまったけど、いいのだろうか?
降りてきた車掌さんに聞くと、「下りの列車は2番ホーム、左側で待ってて!」と、列車横の畦を指差しました。
ホーム??
1枚目は「2番ホーム」から撮影したものです。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-24 20:55 | ヨーロッパ
Kleine Scheidegg_2 クライネ・シャイデック 早朝散歩 スイスその9
あひるの反響が予想以上だったので嬉しいです。笑 
また載せるぞ。
c0183002_11472566.jpg

さて、スイスに戻ります。
クライネ・シャイデックから次の駅・ウェンゲンアルプWengernalpまで約1時間のハイキングが今日最初の目的。
左手にアルプス3兄弟、正面にシルトホルンSchilthorn(2970m)を見ながらの初心者コースです。
高低差は200mですが緩い下りなので楽ちん。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-23 12:29 | ヨーロッパ
Kleine Scheidegg_1 クライネ・シャイデック 威風堂々 スイスその8
c0183002_10172346.jpg

グリンデルワルドから30分強でクライネ・シャイデックに着きます。
少しこの地方の地理を説明しておきます。
つたない文章で位置関係が分かるか不安ですが、
玄関口にあたるインターラーケン(567m)からユングフラウ(4000m超)に向かうには、
真ん中にメンリッヒェン(2239m)の山があるので左右に迂回するルート(電車)を採る事になります。
右回りはラウターブルンネン(797m)、左回りはグリンデルワルド(1034m)が中継駅になります。
どちらもここで電車を乗り換え、山の麓にある両電車の終点・クライネ・シャイデック(2061m)に向かいます。
そしてクライネ・シャイデックからユングフラウヨッホ(3454m)まで山岳列車が登ります(写真1枚目)。

要するにクライネ・シャイデックは3路線の発着地であり、
ベルナーアルプス3兄弟を間近に臨む素晴らしいポイントなのです。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-19 11:15 | ヨーロッパ
Grindelwald_2 眠りから覚めて  スイスその7
c0183002_21404761.jpg
翌朝。曇るなどありえないかのような快晴。
美しく目覚めた山が眼前に広がります。
c0183002_21405597.jpg
暫くベランダで素晴らしい朝に感謝します。
・・すぐに寒くなって引っ込む根性なし。気温は・・10℃を越えたくらいでしょうか?フリース持ってきて正解。
c0183002_2141122.jpg
生クリームをヘラでこすりつけたような残雪。きっとこの辺りの現在気温は-10℃くらいでしょう。
c0183002_21411027.jpg
7時半ごろ出発。きりりと寒い風が心地よい。
今から登山鉄道に乗り、クライネ・シャデックに向かいます(詳細は次回)。
c0183002_21412150.jpg
車窓から。がたがたと少しずつ高度を増す列車。ユングフラウの正面にあるメンリッフェンに日が当たり始めました。

・・・やっぱり方角が良く分かんない・・西から日が差してるように見える・・・
[PR]
by yappu425 | 2009-09-17 21:53 | ヨーロッパ
Grindelwald_1 グリンデルワルド、アイガーを抱く村  スイスその6
c0183002_20433929.jpg
シーニゲ・プラッテの絶景を堪能した後はまた電車に乗り、3日滞在するグリンデルワルドに向かいます。
グリンデルワルドは標高1050mほど。アイガーの正面に対峙する村です。
かの有名な「アイガー北壁」は上の写真の右手霞んでいるあたりを言うそうです。
ユングフラウ観光のベースとなる村で、多くのツアー・個人客で賑わう割には小ぢんまりしています。

団体客を避けるため、中心部から少し離れたところにあるHOTEL BODMIに泊まりました。
迎えの車が結構長い間走るので、この距離を歩くことになるのかと少し不安に。
「車の通れる道はかなり迂回ルートだから、徒歩だとホテルから駅までは10分の距離。
 でも駅からホテルは坂道なので、20分かかります」。
帰りは相当鍛えられそう・・・。
でも、おかげで中心部に泊まっていては見られないような景色を見ることが出来たと思います。
c0183002_20434689.jpg
ホテルベランダからの眺め。3兄弟のアイガーを真正面に臨む。
左の氷河が見える山はフィーシャーヘルナー。発音が難しすぎて呼べませんでした。
c0183002_20435117.jpg
フィーシャーヘルナーの左はヴェッターホルンWetterhorn(3701m)。
これをアーベンロートと言うのでしょうか、夕陽が山を照らします。本当にいいお天気に恵まれた一日でした。
※ちなみにこの時期の日没は20:00過ぎ。夜明けは7:00前なので、
緯度が高いと言うより一日の始まりが遅い(南中時間が正午ではない)せいだと思います。

★スイス電車事情★
[PR]
by yappu425 | 2009-09-16 21:12 | ヨーロッパ