タグ:寺社仏閣 ( 19 ) タグの人気記事
日光東照宮
さて、数カ月空きましたが日光東照宮。
敢えて拙い説明を足す必要があるとは思えないほど有名な建造物ですので適当に。
c0183002_22342910.jpg

神社の内、「宮」と付くものには3種類しかありません。
たまに東照宮をお寺だと思ってる方がおりますが、宮がつくのは全て神社です。

最も有名なのが伊勢神宮をはじめとする神宮。平安神宮、近江神宮、鹿島神宮等、ご祭神は天皇です。単に「神宮」と言うと伊勢神宮のことを差します。
(尚、八幡宮もトップは宇佐神宮であり、ご祭神は応神天皇ですので、この中に入れれば3種類です)
もう一つが天満宮。菅原道真公をご祭神とする神社です。
そしてこの東照宮。東照大権現(家康公を神格化した呼び方)をご祭神とする神社を差します。
日光以外にも久能山東照宮、上野東照宮等がありますよ。
天満宮が道真公の祟りを恐れた朝廷によって祀られた、所謂怨霊信仰に由来する性格であるのに対し、
東照宮は天海僧正の強い推挙により朝廷に認めさせた名前だと言われています。
「大社」「神社」よりも「宮」の方が重要な意味を持つだけに、天海僧正の政治力(発言力)の
強さを感じる名前です。
c0183002_22344214.jpg

てなわけで、日光東照宮。
けばけばしいイメージがありましたが、実際見てみると派手さの中に品を感じる趣でした。
ベースが黒だからか、イメージが悪い方に固まり過ぎていたからか。
c0183002_22343331.jpg
ここから鳥居を通して、陽明門・唐門・拝殿・本殿が一直線に並びます。
人が多くて見えにくいけど、唐門見えるかな?
拝殿は見学出来ます。
見学後ぼーっと唐門を眺めていると、唐門の外から参拝客が手を合わせてくれるので神様気分が味わえるよ!
c0183002_22343664.jpg
一応有名なもんも。裏には雀が彫ってあります。
c0183002_22343919.jpg
葵の葉。徳川家の家紋で有名ですが、上賀茂・下鴨神社の神紋としての方が古く、由緒があります。
家康は自分の家紋を三つ葉葵に定めた際、他家の人間が葵をモチーフにした家紋を使うことを禁じました。
が、重臣の一人・本多忠勝は、本多家の立葵の家紋は賀茂神社に由来するものだから絶対に嫌、と食って掛かり、利用を認められたと言います。

c0183002_22344594.jpg
広い敷地内のあちこちに咲いていたこの花、何でしょうか?
どっかのおじさんが「ああ、コケの花だ」と言ってましたが、コケ類に花が咲くか!中学校からやり直し!
[PR]
by yappu425 | 2012-07-28 23:03 | 関東
松尾大社の八重山吹
梅宮大社から数百メートル西、桂川を渡った先に松尾大社(まつのおたいしゃ。「の」が入るよ!)があります。
こちらは山吹の花で有名。ちょうど満開時期だったので人が多いかと思いきや、意外と空いていました。
c0183002_21443559.jpg

c0183002_21443829.jpg

ご祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)と何故か市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。
・・・梅宮大社とご祭神違う!ごめん間違えた!

大山咋神は上賀茂・下鴨神社のご祭神である賀茂別雷命(かものわきいかずちのみ)の父神と
言われており(どちらも神紋は葵)、両神には非常によく似た逸話があります。
女性が川で洗濯していると一本の矢が流れてきた。女性がその矢を持ち帰り、
家に飾っていたところ、妊娠して男児を生んだ、というもの。
・・・なんという似た者親子。

ちなみに秦氏の氏神様で、彼らが酒造りを始めたとも言われるため、
松尾大社は「日本第一酒造神」として大変有名です。
c0183002_21444327.jpg
境内に飾られる酒樽。
タイガースマークがあるのが関西らしい。しかし泡盛の酒樽ってあるんだね!
c0183002_2144415.jpg



・・ピンクが続いてたけど、今回は黄色いなあ。
[PR]
by yappu425 | 2012-05-11 22:15 | 京都
梅宮大社       京都桜その9
皆様GWはいかがでしたか?素敵なGWを過ごされた方も、そもそもGWって何だよって方も、
皆幸せになーれ!
素晴らしきえながサイトを読んでテンション高めです。

原谷苑を訪れた後、八重桜の隠れた名所らしい梅宮大社(うめのみやたいしゃ)に参拝しました。
右京区にあるお寺や神社は周りの景色のせいか、どこか牧歌的でのんびりした雰囲気がありますが、
ここも違えず、参拝客もさほどいなかったのでゆっくりお参り出来ました。
c0183002_11421528.jpg

境内には特に桜はありませんが、広めの庭園があり、桜以外にも梅はもちろんのこと
杜若やあじさいがたくさんあり、四季折々にお花が楽しめそうな場所でした。
あと、拝殿の後方にアオサギやコサギのコロニーがあり、ぎゃあぎゃあとやかましい声もしてました。
c0183002_11421073.jpg

c0183002_11421793.jpg

ちなみにご祭神は酒解神サカトケノカミ(大山祇神)、大若子神オオワクコノカミ(瓊々杵尊)、
小若子神コワクコノカミ(彦火々出見尊)、酒解子神サカトケコノカミ(木花咲耶姫)。
お名前から分かるように酒造りの神様だそうですが、お隣の松尾大社の方が有名。
c0183002_11421256.jpg
手前の石はお百度石。
「お百度用のこより」が売ってました。初めて見た気がする。
今でもお百度を踏む方がいらっしゃるんでしょうね。
木花咲耶姫が彦火々出見尊をご出産なさるお話は古事記でも有名な場面の一つですが、
ご祭神にご家族が含まれるだけあって、安産のご利益も高いとされています。
なのにやっぱり安産と言えば下賀茂神社の方が有名。

延喜式二十二社にも選ばれた格の高さを誇りながらも何故か妙にマイナーな梅宮大社、
松尾大社や嵐山方面にお越しの際は是非ご参拝ください。
c0183002_18303989.jpg
待ってますよ!
[PR]
by yappu425 | 2012-05-06 18:31 | 京都
秋の真如堂
約1か月前の紅葉写真です。

秋の京都は人まみれ。
紅葉で名が知られてる割には人が少なめな真如堂に行って参りました。
ここのトウカエデらしき木の紅葉をどうしてももう一度見たかったので、ちょっと早いかなと思いつつ再訪です。

c0183002_1865677.jpg
やっぱり綺麗だなあ~^^

きゃーきゃー言いながら撮ってたら、知らないおじさんに「あっちの土塀と紅葉もいいよ」と勧められました。
c0183002_1871019.jpg
紅葉の色がイマイチかなぁ。

御堂から。ここからの構図が好きです。
c0183002_1872056.jpg

c0183002_187283.jpg
真っ赤なもみじも美しいですが、これくらいのグラデーション紅葉も好きなので満足。
でもバックに写ってるトウカエデが真っ赤になると、そりゃあ見事なんですよ。

c0183002_1873788.jpg
まだまだ緑で頑張るぜ!という木も多かったです。
ここには黄色に色づくもみじもあるのですが、残念ながら少し早かった模様。

おまけ。
真如堂のお隣、金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の一枚。周りはお墓です。お江のお墓もあるよ。
c0183002_1873257.jpg

ここの銀杏も見事なのですが、今年は驚愕するほど木に勢いがなく、葉もほとんどなく、
写真を撮るのも気が引けるほどになっちゃってました。何があったんだろう。
[PR]
by yappu425 | 2011-12-18 18:37 | 京都
立石寺 最上義光公霊屋
立石寺は清和天皇の勅願により860年に建立されました。
最上氏は清和源氏の血筋、当然このお寺を大切にしています。
現在の根元中堂は1356年に最上家初代の斯波兼頼が再建したものです。
(写真撮り忘れた)
義光公も領主となった1570年に「謹言上」と題した誓約書を立石寺に宛てて送っています。
いわく「立石寺一山内に天台宗以外の宗派が居住することはあってはならないと考えます。
その上、何事も威徳院の住職と私が相談して調えること相違ありません。
よってこの通り書状を差し上げます」

生涯にわたって領内に寺社を多数建立し、多くの石高を寄進した義光公が、
立石寺の庇護は自分の名に懸けて行い通すと宣言した文章で、現在も立石寺に残っています。
※でも別に宗派は天台宗って訳ではなかったらしい。
 本人の菩提寺は曹洞宗だし、奥さんと娘の菩提寺は一向宗。
 「別に宗派は気にしない」と言ってた、と何かで読んだんだけど思い出せない。残念。

そんな義光公の霊屋(おたまや、と読みます)が立石寺内にあります。
霊屋とは葬儀を執り行うまでの間、ご遺体を安置しておく場所で、菩提寺と同等の扱いを受けるとか。
ちなみに仙台の甥っ子・伊達政宗の霊屋はこんな感じ。本当に水平取るの苦手ですいません。
c0183002_17445449.jpg
c0183002_17444937.jpg
山全体が聖域として保存されている上、付近の住所は「霊屋」でびっくりしました。


対して義光公の霊屋は・・
c0183002_1745068.jpg
しょぼーん
「見逃すほど目立たない」「昔は物置にされていた」「扱いがひどい」と事前情報を得ていたので
見つけられたけど、そうでなければ気が付かなかったと思う。
政宗の様に派手にしろっていう気はないし、それは雰囲気にそぐわないと思うんだけど、
なんかもう少し「大切にされている」感を出してくれてもいいんじゃないの?
これでも有志による嘆願等で整備されたらしい。
正直、泣けました。
萩の花が咲いていてくれてよかった。本当に良かった。

立石寺、嫌い。

c0183002_17452845.jpg

上から見下ろした図。工事中の建物が中性院。この資材をどうやって運んだのか凄い。
霊屋はその向かい、お墓の奥です。
[PR]
by yappu425 | 2011-10-24 17:51 | 東北
立石寺
前回の義光公の記事にたくさんコメント頂きありがとうございます。猛烈に嬉しいよ!!

山形を代表するお寺、立石寺にも行って参りました。
松尾芭蕉の「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の句が詠まれた寺です。

戦国時代的な説明を加えるならこんな逸話を。
比叡山延暦寺と泥沼の争いを続けた織田信長、ついに比叡山焼き討ちに出ます。
驚いた僧侶(もっともこの時代の延暦寺の僧は「僧兵」という戦う坊主です)は逃げ出しますが、
このときにお寺の中で最も大切な「不滅の法灯」を消してしまいます。
不滅の法灯とは、最澄上人が比叡山建立時に灯し、以来一度も消されることなく守られていた灯明のことです。
(これが「油断大敵」の語源です)
で、当然「じゃあ再点火」というわけにはいかず、はるか山形・立石寺に分灯してあった火を貰い受けたとか。

立石寺と最上氏の関係は次回にでも。

さて、立石寺は別名を「山寺」というだけあって、麓の根元中堂から奥ノ院まで1015段を登ります。
JR山寺駅を降りて土産物街を歩いていると、「奥ノ院まで往復には2時間かかります」の看板が。
覚悟を決めて・・の前にお食事。東北はお蕎麦が美味しいところが多いです。
c0183002_1711213.jpg
電車で訪れる方、駅にコインロッカーもありますが、
大抵のご飯処では荷物を預かってくれますので尋ねてみてください。
震災ではこの辺りは震度5強くらいだったとか。お寺はびくともしなかったそうです。

さて、びびりつつも参拝開始。
芭蕉と曽良の銅像を横目に見つつ、山門をくぐって奥ノ院を目指します。
c0183002_17174862.jpg
くねくねと曲がりながら、たくさんの碑や仏像が立ち並ぶ杉木立を登るのは意外に疲れませんでした。
c0183002_1711724.jpg

弥陀洞から仁王門を臨むショット。
下山中、死にそうな顔をしたおじさんに「あとまだまだありますか?」と
仁王門あたりで聞かれて「もうすぐそこですよ」と答えてしまったけど、地図見てたら嘘だな。半分だ。

仁王門を過ぎると見晴しが良くなります。塔頭寺院がいくつか立ち並び、開けた感じ。
ちょうどそのうちの一つ・中性院が修理中でした。
こんなところまでどうやって建材なり重機なり運ぶんだろう。
ちなみにこの参道、一番細い場所は幅約14cmです。
c0183002_1711131.jpg

奥ノ院よりも有名?なのが開山堂と五大堂。
開山の租、慈覚大師のお堂ですが当然立ち入り禁止。五大堂は展望台のようになっており、
素晴らしい眺めを堪能できます。
c0183002_17105573.jpg

五大堂からの眺め。山間に田んぼと家が続く光景はまさに日本のふるさとといった佇まいで、心和みました。
今日も義光公のご加護で良いお天気!
[PR]
by yappu425 | 2011-10-19 22:09 | 東北
鹽竈神社
松島から塩釜へ移動し、鹽竈(しおがま・変換しないので以下塩釜)神社へ。
塩釜神社は陸奥の国一宮です。本塩釜駅から小高い丘を登っていくと、
広大な神社の敷地と素晴らしい景色が出迎えてくれます。
c0183002_16551367.jpg
ご祭神は鹽土老翁神(しほつちおぢのかみ)にタケミカヅチノミコト、フツヌシノミコト。
後者二柱を左右両宮に祀り、地元のご祭神・鹽土老翁神は別宮という配置。
タケミカヅチノミコト、フツヌシノミコトといえば千葉の香取神宮、茨城の鹿島神宮のご祭神で有名ですが
おもに東国を平定して回った神様なので、当然と言えば当然かも知れません。
c0183002_1794322.jpg
同じ境内に志波彦神社(しはひこじんじゃ)があり、こちらは塩釜の神にご協力された神様だとか。
どちらの神社も東北随一の格と地元の方々から大切にされている雰囲気をひしひしと感じました。

こちらの神社も地震被害はなさそうでしたが、本塩釜駅前がなんだかボロボロでした。
半数以上の信号が機能しておらず、警察が各交差点で交通誘導しており、付近のお店は軒並みシャッター。
ただ、景気の問題でシャッター通りになってる地方都市もたくさん見てきたので、
塩釜の町の様子が震災の影響なのかは私には判断がつきませんでした。


おまけ:宮城で見た鳥たち

ギャングの子供。海鳥は見分けるの苦手です。。
c0183002_1794599.jpg
カモメは冬鳥、ウミネコは留鳥なんで、多分ウミネコの幼鳥。でも換羽だったらごめん。
集団でミャーミャー言っていた。

青葉城址で見かけた子。オシドリのメスだ!可愛い!オシドリってこんな季節にもいるの?
隣にいたのはカルガモでした。交雑種?
c0183002_179406.jpg

[PR]
by yappu425 | 2011-09-20 17:45 | 東北
松島・瑞巌寺へ
みちのく編、今回は伊達&最上ゆかりの地を訪れる旅です。
まずは松島の瑞巌寺(ずいがんじ)へ。

松島はご存じ日本三景の一つ、「松島や ああ松島や 松島や」の句で知られますが、
菩提寺・瑞巌寺のある伊達家ゆかりの地でもあります。

さぞや津波で被害を受けたと思いきや、すでに松島はほぼ平常運転。
町のあちこちに「前進松島」と力強く筆書きされたポスターが貼ってあったのと、
カキのお店が軒並み閉店していたことを除けば、こちらも震災の爪痕を全く感じさせませんでした。
本土部分の松もほぼ無事、藤は実をつけていたので普通に開花したと思われます。
遊覧船も普通に運行してました。
乗らずじまいだったので分かりませんが、ひょっとしたら島の沖側はそれなりに被害があったのかな。
c0183002_23265748.jpg

松島の感想は、・・・・瀬戸内海の方がきれい・・
高台から海を臨めばそりゃあもう美しい景色だったろうとは思うんですが、
残念ながらそういうスポットに行けなかったので、「あれ?赤穂御崎の方がきれいやないか」と思ってしまった。
瀬戸内の海って美しい!としみじみ思いたい方はhirokazuさんのブログへGO!

More
[PR]
by yappu425 | 2011-09-15 00:00 | 東北
御室仁和寺 有終の桜
季節はすっかり過ぎましたが、桜写真載せときます。2010年4月18日撮影。
c0183002_23385413.jpg

前回ご紹介した原谷苑から山を下ってくると、御室仁和寺(おむろにんなじ)に出ます。
徒然草にも良く出てくる由緒あるお寺なのでご存知の方も多いと思いますが、
ここの「お多福桜」は京都で最後に咲く桜として有名です。
(ついでに、よく時代劇の撮影に使われてるよ!「陰陽師」もここが使われてます)

「わたしゃお多福 御室の桜 鼻(花)が低ても 人が好く」と歌われたとおり、
御室の桜は背丈がとても低いことで知られています。
下に岩盤があり、根が張れないのが原因と言われてきましたが、
最近の研究ではどうもそれが原因ではないらしい。
詳しくは分からない不思議な桜です。

ちなみに「お多福桜」は愛称で、品種は有明というそうですよ。
染井吉野よりやや大振りで、みっしり詰まった感じ。
c0183002_2339312.jpg
背丈の低い花でも私よりは背が高い。
腕を上げて撮ったらやっぱり傾きました。ライブビューっていいなぁ。

More
[PR]
by yappu425 | 2010-04-29 23:09 | 京都
近江の紅葉 その3
c0183002_22214935.jpg
こんな所が通学路とは羨ましい。

滋賀・坂本編ラストは慈眼堂~滋賀院門跡です。
慈眼堂は小さなお堂と無数の灯篭・墓を備えており、その中に黒衣の宰相・天海和尚の廟があります。
それと知らず通りかかったのですが、ちょうど今山岡荘八版徳川家康を読んでいる身には
奇遇な出会いでした。
c0183002_22215827.jpg

c0183002_2222742.jpg

c0183002_22221641.jpg


滋賀院門跡は江戸時代天台座主となった皇族のお住まいで、非常に格が高い所だとか。
(「門跡」は皇族が住まわれた所(寺)を言います)
書院内には狩野派の障壁画が飾られ、小堀遠州作と伝えられるお庭を拝見することも出来ます。
珍しいのは障壁画含め撮影自由な所でしょうか。
輿や屏風、珍しい所では不滅の法灯も撮影可能です。

ちなみにここの不滅の法灯は比叡山延暦寺からの分火です。
不滅の法灯とは、「仏様の教えを絶やさぬよう」という教えを表す灯明で、
僧達が油を切らさぬよう始終気を配っています。
延暦寺の「不滅」の法灯は織田信長の延暦寺焼き討ちの際に消えてしまいますが、
山形の立石寺から分けてもらったとか。
尚、この焼き討ち事件が「油断大敵」の語源になったと言われています。
[PR]
by yappu425 | 2009-12-14 11:05 | 滋賀