タグ:乗り物 ( 28 ) タグの人気記事
Brienz ブリエンツ湖クルーズ スイスその11
c0183002_2134426.jpg

いよいよシーニゲプラッテ鉄道から仰ぎ見たブリエンツ湖にやって来ました。
ベルナーアルプスへの玄関口・インターラーケンは、
ブリエンツ湖とトゥーン湖の2つの双子のような美しい湖に挟まれた町です。
それぞれの湖を遊覧船が運航しており、
インターラーケン・オスト(東)駅から発するブリエンツ湖クルーズでは、
途中いくつかの街に立ち寄りながら、ブリエンツ駅まで約1時間半景色を楽しむことが出来ます。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-27 22:29 | ヨーロッパ
ユングフラウ鉄道に乗って  スイスその10
c0183002_1149673.jpg
まだ3日目前半なのにその10になってしまった。あらあら。
約1時間のハイキングの終点はヴェンゲンアルプ駅。
ここからラウターブルンネンLauterbrunnenまで電車に乗ります。
「切符は電車の中で買ってね」と貼ってある小さな駅。
こちらの山岳鉄道の駅は、乗降のためというより列車すれ違いのために設けられているかのようです。
対向車が登ってきました。ホームをふさぐように止まってしまったけど、いいのだろうか?
降りてきた車掌さんに聞くと、「下りの列車は2番ホーム、左側で待ってて!」と、列車横の畦を指差しました。
ホーム??
1枚目は「2番ホーム」から撮影したものです。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-24 20:55 | ヨーロッパ
Kleine Scheidegg_1 クライネ・シャイデック 威風堂々 スイスその8
c0183002_10172346.jpg

グリンデルワルドから30分強でクライネ・シャイデックに着きます。
少しこの地方の地理を説明しておきます。
つたない文章で位置関係が分かるか不安ですが、
玄関口にあたるインターラーケン(567m)からユングフラウ(4000m超)に向かうには、
真ん中にメンリッヒェン(2239m)の山があるので左右に迂回するルート(電車)を採る事になります。
右回りはラウターブルンネン(797m)、左回りはグリンデルワルド(1034m)が中継駅になります。
どちらもここで電車を乗り換え、山の麓にある両電車の終点・クライネ・シャイデック(2061m)に向かいます。
そしてクライネ・シャイデックからユングフラウヨッホ(3454m)まで山岳列車が登ります(写真1枚目)。

要するにクライネ・シャイデックは3路線の発着地であり、
ベルナーアルプス3兄弟を間近に臨む素晴らしいポイントなのです。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-19 11:15 | ヨーロッパ
Schynige Platte_2 ベルナーアルプス! スイスその5
c0183002_2021646.jpg

幾度目かのカーブを曲がり、トンネルを抜けた瞬間、右手にアルプスの山々が突然開けました。
思わず上がる歓声。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-14 20:42 | ヨーロッパ
Schynige Platte_1 シーニゲ・プラッテ スイスその4
※沢山載せたかったのでファイルサイズを小さくするよう努力しましたが、
 重いよ!と言う方いらっしゃいましたらすいません。。
c0183002_14412211.jpg

ベルンを後にして、いよいよ前半のメイン・ベルナーアルプスへ向かいます。
山と湖の国スイスには「アルプス」と名の付く山脈がたくさんありますが、
世界遺産に選ばれているユングフラウヨッホを擁するのがベルナーアルプスです。

More
[PR]
by yappu425 | 2009-09-12 15:14 | ヨーロッパ
水郷めぐり      近江八幡その3
近江八幡観光の目玉は水郷めぐりです。
現在4社が営業しているらしいですが、一番風情があるのが手漕ぎ舟(と教わりました)。
c0183002_21572561.jpg

こんな感じの船に乗ります。
定時発みたいに書いてあったけど、貸切だと船が空いていればすぐ乗せてもらえます。
人数がある程度(4~6人)いれば貸切の方が気兼ねしなくて良いと思います。
c0183002_21583715.jpg

護岸整備されていない葦の脇を抜け、約70分間の船旅です。
たくさんある水路をぐるりと周るので、動力は漕ぎ手さんの腕と風次第。
このときは往路追い風だった分、帰りは手伝いたくなるほど大変そうでした。
漕ぎ手さんは50を過ぎたおじさんでしたが、「この世界では70代の方が活躍するので、自分は下っ端」と
笑っておられました。世界は深くて広いね・・・。
c0183002_2157980.jpg

葦原には竹篭が備え付けてあります。なまずやフナを獲るのだとか。
私は食べられませんが、鮒寿司はここの名物です。
c0183002_21564211.jpg

音もなく近づく船に、驚いて飛び立つカモ。
他にもヨシキリ(多分)やカイツブリの親子に出会いました。望遠に付け替える暇がなかったのが残念。

「水郷めぐり」のパンフレットに使われる場所がここ。右が桜並木、左にはナノハナが植えられます。
この辺りは水も大変浅く、川幅も狭い。
c0183002_21575063.jpg

そして時代劇撮影にも使われます。
「剣客商売」の秋山小兵衛が妻のおはるを船頭に、隠棲地から町に出る姿はこの辺りで撮影されているはず。
c0183002_21581017.jpg

木製の橋。
・・・と思ったら、柱部分はペンキで幹の絵が描いてあるコンクリでした。

曇りがちだったお天気でしたがすっかり青空が戻り、水辺を巡る涼しい風にのんびりとした船旅を過ごせました。

この約1時間後、前後の視界がゼロになるほどの雷雨に遭遇するのはまた別のお話。

More(へび注意)
[PR]
by yappu425 | 2009-07-23 14:05 | 滋賀
夕暮れのひとコマ
先日の夕暮れ、なんだかんだ言いつつ撮った写真。
c0183002_22472214.jpg

こんな感じで飛行機が見えます。
c0183002_22465643.jpg
c0183002_2247863.jpg

[PR]
by yappu425 | 2009-06-22 22:50 | 大阪
遥か空より   蔵王その3
c0183002_18564066.jpg

ちょっと趣向を変えて、空からの様子を。飛行機大好き!

中央アルプスが見え始めると、通りがかったCAさんに
「すいません!富士山はどっちに見えますか!」「その間だけ写真撮りに動いてもいいですか!」。
まるで飛行機に初めて乗る小学生ばりの興奮状態できゃあきゃあはしゃぐ我々に、
苦笑しつつ「どうぞ!私も近づいたら気をつけておきますね(にっこり)」と答えて下さった貴女にも幸せあれ!
「綺麗に見えて良かったですね!雲で見えないことも多いんですよ」と
後でわざわざ教えに来て下さいました。素敵な人だ。ありがとうね!

でも、実は100回以上飛行機に乗ってるなんて知ったら、色んな意味で驚くだろうな・・・

c0183002_18561049.jpg

確かに雲だらけ。
新幹線なら何も見えなくてがっかりしてただろうな。
「関東へ向かうときは何に乗っても富士山をチェックする」、これが家訓です。

c0183002_18562174.jpg

浅間山の噴煙が見えました!
手前の白い山がそうです。奥の山脈は何ていうのかな?凄く綺麗でした。

c0183002_18565242.jpg

sakusaku_fukafukaさんはこんなところを滑るんだなあ、と感慨深く眺めておりました。
私の中では栃木辺りだと思うんですが・・・
湖が白く見えます。凍った上に雪が積もってるのかな?
同じ日本の景色とは思えない。改めてモノシラズだなあと感じた私。
[PR]
by yappu425 | 2009-02-13 11:41 | 東北