タグ:まち ( 39 ) タグの人気記事
Colmar(コルマール)、歴史を閉じ込めた町    フランス東部の旅その3
c0183002_17573393.jpg

翌日は電車で30分ほど(だったっけ)の近郊の小さな町、Colmarを訪れました。
コルマールからはアルザス地方の「フランスで最も美しい村」に行ける路線バスが出ているはずですが、予想通り一日一往復とかすごく時間が悪いとか・・で、利用するのは難しそうでした。
仕方ないので観光案内所でツアーを申し込みましたが、案内所のお姉さんがえらい親切で、「わざわざストラスブールから来るの?それは大変だからツアーガイドに駅まで迎えに来てくれるよう頼んでみるね!」と交渉してくれました。良い人ばっかりだ!
c0183002_1882153.jpg
コルマールの旧市街地は、駅から1kmほど離れています。公園を突っ切って適当に歩いて行くと、ストラスブールのプチット・フランスをさらに印象的にしたような街並みが現れます。第二次世界大戦で戦禍に見舞われたアルザス地方ですが、コルマールは全く被害を受けなかったため、中世~ルネッサンス時代からの古い街並みがそっくり保存されました。
ちょうど出た場所に観光列車(?)が止まっていたので乗ることに。約40分で街並みをぐるりと走ってくれます。日本語の案内(ヘッドホン)付で、こんなとこ通れるのかというような路地もどんどん入っていくので面白い。縦横無尽な走り方のため、入り組んだ旧市街の地理を頭に入れるには全く役に立ちませんが、次々現れる美しい建物には非常にテンションが上がりました。
よく見れば柱も傷んでいて、壁なんかもはがれたりひびが入ったりしてるんですが、古さではなく重厚さを感じさせてくれます。もっとも、「今日泊まるホテルはここかな?」と思って目にしたら、全く違った感想を抱きそうなのですが。。それでもこじんまりした街並みは「どうせならストラスブールよりこっちに泊まれば良かった」と思うほど私の琴線に触れるものでした。
c0183002_17574889.jpg

c0183002_1757126.jpg

c0183002_1757553.jpg
町を流れる川には昔はサケが遡上したそうです。あんまり獲れるので、昔は労働者を守るため「雇い主は労働者に週2日以上鮭を出してはならない」という法律があったとか。鮭好きだったら悪法じゃないか。
c0183002_17571257.jpg

c0183002_1757194.jpg

c0183002_17573922.jpg

[PR]
by yappu425 | 2013-09-16 18:29 | ヨーロッパ
Strasbourg 船に乗って    フランス東部の旅その2
c0183002_1139224.jpg

教会から少し歩くとロアン宮に出ます。人の流れに沿ってそのまま歩いて行くと、遊覧船乗り場に出ました。
ストラスブールの中心街はぐるりとイル川に囲まれており、遊覧船はここを一周1時間10分のペースで周遊します。
ちょうど待ち時間もなかったので乗ってみることに。
c0183002_113949.jpg
これはオープンタイプですが、私が乗った船は屋根つきでした。船内はエアコンつき・手動開閉式の日よけつき。なかなか快適です。
c0183002_1138556.jpg
船はプティット・フランス(Petite France)と呼ばれる旧市街の美しい街並みが残るエリアを通ります。高低差があるため、運河方式で水位を上げて進みます。面白い。
c0183002_11385746.jpg

c0183002_11384455.jpg
クヴェール橋あたりで船はぐるりと旋回し、新市街の方へ向かいます。

なかなか楽しい1時間強を過ごした後、プティット・フランスへ戻りました。可愛らしい家のほとんどがホテルかレストランになっており、かなりの混雑。
c0183002_11393139.jpg

c0183002_11393414.jpg
結局ここでは食事せず、そのままぶらぶら歩いて適当な所でお店に入りましたが、レストランのおじさんが吃驚するくらい親切で、メニューの説明のためにわざわざスマホで言語変換してくれたり(ヘンテコな日本語になって笑いましたが)、外で食事する私の荷物が盗まれないように気を付けてくれたり、ちょくちょく様子を見に来てくれたり・・。最後は「私は日本の女性が大好きです」という変換結果を見せてくれましたw
[PR]
by yappu425 | 2013-09-01 11:58 | ヨーロッパ
ストラスブール(Strasbourg)到着  フランス東部の旅その1
c0183002_16561751.jpg

今回の旅の目的は「フランスの美しい小さな村を訪れる」です。オランダ・アムステルダム経由でストラスブールに入りました。アムステルダムのパスポートコントロールで目的地を聞かれ、「フランス」と言ったら「君の行先はストラスブールでしょ?ストラスブールはスイスだ。フランスではない」と言われました。。「私は訪れたことがあるから知っている」て言ってたけど、ストラスブールは紛れもなくフランスです!不安になって出会う人出会う人に確かめてしまったやないか。
(注:最初に到着する空港で入国審査&手荷物検査があります。シェンゲン条約に含まれる国へ乗り継ぐ場合は国内線扱いになるため、最終目的地では入国審査はありません)

ストラスブール(Strasbourg)はフランス北東部、ドイツとの国境にあるアルザスで一番大きな街です。アルザス地方と言えば、「最後の授業」の「フランス、アルザス。フランス、アルザス」の一節で聞いたことある人もいるんじゃないでしょうか。アルザス地方の変遷については後日記載します。

私が名前を知ってるくらいだから大きな空港と思いきや、日本の地方空港程度の大きさ。しかもタラップを降りてバスに乗り込むと、そのまま空港外の駐車場に降ろされる。何でも空港が封鎖されているとか。確かに空港を取り巻くように人がたむろしているが、どうも緊張感がない。しばらくして空港に入れるようになったものの、荷物がどこか分からず、やっと見つけたターンテーブルには荷物がなく、聞けば国際線から乗り継ぎの荷物は別場所を回ってたらしく、空港で電車の切符を買おうとしたらフランス語表記しかなく、駅のホームの自販機は故障中で切符が買えず、・・・到着早々ぐったり疲れました。
ちなみに駅で話しかけてきた空港関係者(多分)によると、封鎖の理由は「ああ、誰かの荷物がなくなると全員出入り禁止にして一応調べるのよ」と、日常茶飯事のごとくの回答でした。こんな風に皆さん結構気軽に話しかけてきます。ちょっとびっくり。
空港に降り立った瞬間から感じる牛糞の香り。なんか田舎だ。予定通りだけど、思ってた以上に田舎だ。
c0183002_1656193.jpg
が、ストラスブール駅はモダンな雰囲気。近未来的な外観ですが、この覆いの中は重厚なヨーロッパらしい建物になっています。

c0183002_16564872.jpg
ストラスブールは街全体が世界遺産に認定されています。旧市街を中心に重厚で木組みの目立つ建物が多い。家々は古いけれど、決して「古ぼけた」ではなく、時代を感じさせる味わい深い雰囲気です。

旧市街に向かって歩いている内に見えてくるノートルダム大聖堂。
c0183002_1656732.jpg

c0183002_16561091.jpg

c0183002_16561418.jpg

その大きさに圧倒されます。66mの展望台まで昇ることが出来るので挑戦。
c0183002_16562435.jpg

c0183002_16562813.jpg
屋根が結構急角度。そしてたわんでいる。大丈夫なのだろうか。屋根裏部屋に入ってみたいなあ。

c0183002_16563265.jpg
階段途中から。歳を取ると共に、こういうリアルな高さがちょっと怖くなってきました。
それにしても旅の初っ端にいきなり332段の階段はきつかった。しばらく筋肉痛を引きずる羽目になりました。
[PR]
by yappu425 | 2013-08-15 18:23 | ヨーロッパ
児島ジーンズストリート
大変ご無沙汰しています。
いつものことですが、何となく放置しておりました。
気にかけて下さった方、ありがとうございます&いつものことながら無精者ですいません。。

久々に岡山県は児島まで遠出?してきました。ご存じでない方も多そうなので、ご紹介いたします。

今年で25周年を迎える瀬戸大橋。四国と岡山を結ぶこの大橋の岡山側に位置する倉敷市児島は、国産ジーンズ発祥の地です。昔から織物業で栄えたこの町は、今でも学生服の生産日本一を誇っていますが、世界でもここでしか生産出来ない高い技術を持ったジーパン製作の街でもあります。有名ブランドがこの地の工房に生産を委託している例も多いとか。
最近、ご多分に漏れずシャッター街と化した商店街を、なんとか地場産業で盛り立てて行けないかということで始まったのが「児島ジーンズストリート」。約400mほどの通りには、古くからある児島オリジナルブランドだけでなく、他県に本店を持つジーンズショップも軒を連ねています。
c0183002_17222068.jpg
一番古い店舗は「桃太郎ジーンズ」。オーダーメイドも可能。
c0183002_17222463.jpg
フランス風な「SAIO」。
気さくな店長さんがいろんな話を聞かせて下さいました。
デニムは経糸をインディゴ染め、横糸を無色(に限りませんが)で織った綾織生地のことを言うんですって。
フランスのニーム地方で栄えた織物なので、語源はデ・ニームなんですって!
この生地を好んで扱ったのがイタリア・ジェノバ地方の人々で、彼らのことを Gêne(英語のjean)って言ったからジーンズなんですって!
c0183002_17222722.jpg

こいのぼりならぬジーパンのぼり。
インディゴの退色の一番の原因は紫外線なんですって!洗濯するときは、洗濯時も干す時も必ず裏返しにしてね!

c0183002_17222979.jpg
細部に強い拘りが感じられる「天領デニム」。許可を得て撮影しております。
ジーパンの単位ってOZ(オンス)なんですって。生地の厚みを重さで表します。こちらで扱っているジーンズは堅くて厚め。硬派です。・・と思えば横糸に金・銀を使っているタイプも。

値段は考えていたよりずっとリーズナブルで、長く大切に付き合いたくなる品物ばかりでした。
全店舗ともあまり商売っ気がない印象。ただ、どのお店の方も気さくに話をして下さり、我々の素人丸出しなおバカな質問にも丁寧に答えて下さいました。
各店舗それぞれに非常に個性があり、自分達のブランドを大切にしたいという思いをひしひしと感じました。
個人的には、店舗を跨っての穿き比べが出来ないのが難点かな・・。

今のシーズンが一番空いているらしいので、ゆっくり各店舗を見て回りたい方にはお勧めです。
営業日も週末のみの店舗も多いので、気になる店舗がある方は先にお店の定休日を調べてから訪れることをお勧めします!
c0183002_1722314.jpg

海を渡ればうどん県!一緒にいかがですか?


てことで、久々にしては珍しい記事ですが、良いものは紹介したいんだよ!
[PR]
by yappu425 | 2013-06-12 17:56 | 中国・四国
Hamburg,ミニチュアの街    北欧の旅ラスト
北欧ではないですが、旅の最後はドイツ・ハンブルグを少々。
c0183002_20511656.jpg

「電車の到着駅で空港が近いから」という理由で泊まったハンブルグですが、
意外に出会った人は皆親切で、街も思っていたより綺麗で、ちょっと感激でした。
駅にあったオシャレな文房具屋さんでホテルまでの道を尋ねたら「地図を見た方が早いわね」と、
Google mapを表示させて説明してくれたのには驚きました。
c0183002_20511489.jpg
さすが環境に厳しい国。レンタサイクルをよく見かけました。
c0183002_2051143.jpg

c0183002_205142.jpg

全く何も調べずに訪れたので観光スポットすら分からず、ホテルのロビーでパンフレットを見ていると・・
昔見かけて行きたいと思ってた「ミニチュアワンダーランド」を発見!
日本人も多く来るのか、日本語パンフレットも置いてありました。2000年12月から徐々に大きくなっているミニチュアの世界には8つの仮想国(モデルはアメリカ、北欧、スイス、オーストリア、そしてドイツ)があり、人間だけで何と21.5万体が飾られています。
c0183002_2050535.jpg

うろうろしていると照明が落ちて夜になり、夜景も楽しめる仕組みに感動!
c0183002_20505724.jpg

夢中で写真撮りまくり、ついにカードがフルになってしまいましたが、周りを見回しても子供以上に大人(お父さん)が夢中になってました^^

・・・・ということで、ちょうど帰国後4カ月たってしまいましたが、北欧の旅、これにて終了!
お付き合いありがとうございました!

おまけ:
帰りの飛行機からこんな景色が楽しめました!
c0183002_20504241.jpg
hirokazuさん写ってるかな?^^
[PR]
by yappu425 | 2012-12-18 21:01 | ヨーロッパ
Frederiksborg Slot, Hillerod フレデリクスボー城     北欧その9
c0183002_1645315.jpg

さて、コペンハーゲン市内も結構堪能したので1日は近郊に出かけることにしました。
レゴランドやアンデルセンの街・オーデンセは少し遠いので、近場の見所・フレデリクスボー城へ。
c0183002_16445627.jpg


1859年に大火事でほぼ焼け落ちたのですが、日本でもおなじみ・カールスバーグの創業者、J・C・ヤコブセンの尽力もあって再建されたそうです。
中央駅からエストー(近郊列車)に乗って終点のHillerodまで行きます。
駅からは微妙に分かり辛い道を15分ほど歩くと商店街に出、さらに少し行くと美しい湖とお城が見えてきます。
お城の中は博物館になっており、壮麗な装飾が施されたたくさんの部屋に、相応しい家具や絵画、小物が置かれています。
c0183002_1645042.jpg
中に教会もありました。非常に美しい。
c0183002_1645615.jpg

さすがにコペンハーゲンから近くて立派だからか、日本の団体客にも出会いました。欧米のツアー客もたくさん来ており、久々にちゃんと観光した気分に。
c0183002_16451455.jpg
遊覧船からお城を臨む。湖には10人乗りくらいの遊覧船が走っており、15分位で町の方へ運んでくれます。可愛い。
c0183002_1645116.jpg
フランス風の整然としたお庭も見事です。
c0183002_16453377.jpg
隣にはミニチュアの池とお城が。ヒナを連れたハクチョウがたくさんいました。
アンデルセンってなんでこんなかわいい子を「醜いあひるの子」なんて名付けたんだ。可愛いやないか。

コペンハーゲンカードという観光パスをもっていると、この往復の乗車券も入館料も無料になりますので、ここと後日登場するクロンボー城の見学を考えてる方は購入をお勧めします。持ってなかったので交通費が結構かかりました。

おまけ:
Hillerodの街は非常に小さいですが、メインストリートには代表的なスーパーのIRMAをはじめ、可愛い店がありますよ。
この日、ようやくちゃんとした昼ごはんを食べましたw
c0183002_16453714.jpg

c0183002_16454885.jpg

c0183002_16454567.jpg

そして駅までの道を間違えて迷子に。住宅街を通るの、楽しいな~。この自転車の子に励まされ、何とか駅に戻れました。
c0183002_1645524.jpg

[PR]
by yappu425 | 2012-10-27 17:02 | ヨーロッパ
自転車に乗って     北欧その8
ちっとも更新しないので全然進まない北欧編続き。
c0183002_20261072.jpg

コペンハーゲンは自転車の町、と聞いてましたが、ここまでとは思わなんだという自転車の量。ここは北京か京都か大阪市内か。
国外でママチャリなんて初めて見ました。マナーの良さは感動モノで、「動力が自分な自動二輪」という表現で伝わりますでしょうか。日本人も見習って欲しい。傘差し・携帯片手は論外、ふらふらたらたら走ってる人も皆無。右側走行ですが逆走してる人も皆無。方向指示を手信号で出している人も結構見ました。大通りには自転車専用道路&自転車用信号があります(ちなみに、小型バイクも同じ所を通る)。そして皆結構飛ばす。メット率は6割位。
c0183002_20182171.jpg

チャイルドシートに子供を乗せてる人もよく見ましたが、大きな箱付きの三輪車型も割と多い。レンタサイクルにも三輪車タイプがありました。
c0183002_20194994.jpg
ロイヤル・コペンハーゲン本店前。この通りは歩行者天国なので自転車は押して歩きます。

ホテルで自転車レンタルサービスがあったので、私もチャレンジ。女性用(ママチャリ型)を用意してくれました。
c0183002_20181767.jpg
この子と共に一日過ごします。
c0183002_20183782.jpg
とりあえずパン屋さんでお昼ご飯を調達。

サドルを一番下まで下げてもらってもまだ高い。子供用を貸してくれと言えば良かった。足がほとんどつかん!怖い!しかもブレーキの掛け方が「ペダルを逆回転させる」なので、慣れるのに一苦労しました。このブレーキの仕組みのせいで、一旦停止後の漕ぎ出しのときにペダルを好きな位置に持ってくることが出来ません。めっちゃ不便!怖い怖い!!
c0183002_20185319.jpg
必死で写真を撮る。
・・・ということで、「少し走って気に入った景色を見かけたら停車してパシャっと一枚」をやりたかったのに、思うように止まることが出来ず、ひたすら走りまわる羽目になりました。観光地は人が多いから避けよう、石畳は怖いから大通りを走ろう、景色に見とれると危ないから集中して走れるとこに行こう・・・。
結果、街の端から端まで走破しました。あれ?なんで自転車乗ってるんだ?

半日ほど走り回ってようやく慣れましたが、貴重な体験になりました。
お盆休みだったことを思い出し、通りかかった墓地にお墓参り。
c0183002_20184843.jpg

マグリットの絵のような空が広がります。
c0183002_20184467.jpg


街自体はさほど大きくないし、ほぼ平坦だし、大抵の階段には自転車用の溝が付いてるので機会があれば是非乗ってみて下さいね~。楽しいよ!

c0183002_20185824.jpg


ちなみに、昼ごはんは公園のベンチで食べました。・・・ベンチの後ろからがさごそ音がするので、のぞいてみたら・・・


c0183002_2019299.jpg
!!?
c0183002_2019595.jpg
何故クジャク!?
[PR]
by yappu425 | 2012-10-24 20:39 | ヨーロッパ
モダン・コペンハーゲン   北欧その7
c0183002_22204994.jpg
私の宿泊先は市の中心部から電車で一駅離れたウォーターフロントにありました。
この運河沿いは再開発地区なのか、モダンでオサレな建物がたくさん並んでいました。
古い石畳の街並みも美しいですが、こういう近未来な建物も大好き。
c0183002_2220386.jpg
マンションです。
c0183002_22205697.jpg
これもマンションです。
c0183002_22205222.jpg
通称ブラック・ダイヤモンド、図書館です。
c0183002_22375315.jpg
オペラ座。どんなオペラやるんだろう。
c0183002_22202229.jpg
こんなに美しいですが、ただのショッピングセンターなのです。イメージとしてはイオンモール。なのにこんなにオサレ。マクドすらオサレ。
c0183002_22375710.jpg
ちょっとした建物なのにオサレ。

おまけ:
c0183002_22201894.jpg
駅からの眺め。赤い電車ではwi-fiの利用も可能。奥の方のごちゃごちゃ建物が見えるあたりが中央駅です。尖塔の横に見えるのがチボリ公園の遊具。意外に悲鳴が聞こえるほどのちゃんとした遊園地です。
[PR]
by yappu425 | 2012-10-04 22:40 | ヨーロッパ
かわいいコペンハーゲン    北欧その6
c0183002_21363370.jpg
コペンハーゲンはカラフルで、オサレで、可愛い町でした。
ゴージャスな建物もたくさんありましたが、色やら窓やらが可愛い。そして自転車が絵になる街。
c0183002_21363782.jpg

c0183002_21463394.jpg

c0183002_21364677.jpg
レゴはデンマークの会社。ここはレゴショップです。後ろの壁も全部レゴで出来てます。
c0183002_2137052.jpg

c0183002_2137767.jpg

c0183002_21365744.jpg

[PR]
by yappu425 | 2012-09-30 21:52 | ヨーロッパ
コペンハーゲン到着  北欧その5
c0183002_21315510.jpg

また更新さぼってますが、ようやくコペンハーゲンへ移動です。
列車はSJ(スウェーデン国鉄)のカラーであるシルバーとグレーを基調とした、シンプルだけどかっこいい外装。内装にはあちこちに白木が使われており、優しい雰囲気。一等車は朝食付き(といっても簡単なランチボックスでしたが)です。
c0183002_2132415.jpg
あまり変化のない景色の中を列車は4時間かけて進んでいきます。
スウェーデンとデンマークの国境は海です。海に架けられたオーレスン・リンクと呼ばれる、スウェーデン側は橋・デンマーク側は海峡トンネルになっているアクアラインみたいな所を通ります。海の中に立ち並ぶ風力発電機。
c0183002_2132786.jpg


ほどなくコペンハーゲンに到着。赤銅色の構内がかっこいい。
c0183002_2132973.jpg

今回の旅行で一番驚いた施設がコペンハーゲン中央駅にありました。ここ。
c0183002_21321174.jpg
トイレです。
ヨーロッパには有料トイレが多くありますが、こちらのトイレも入場料約75円。自動券売機でチケットを購入してトイレに入ります!しかも、現金のない方のためにクレジットカード利用可能。トイレなのに。75円なのに。
チケットにはバーコードが印刷されています。このドアを開けた先には自動改札機があり、バーコードをかざすと改札が開く仕組みになってます。ハイテクだ!その金かけんかったら無料トイレに出来たんじゃないのか?
トイレは改札と並行に3列になっていて、手前が男子・次が男女共用・一番奥が女性用になってます。そして何故か右端にカウンターがあり、おっちゃんが「女子は向こう!」とか案内してくれます。なんだここ。
MARIEFREDで乗った路線バスで、小銭で支払おうとしたら「クレジットカード持ってる?」と聞かれ、300円弱をカード払いしたのもびっくり体験でした(後で読んだところによると、路線バスは防犯のため現金の扱いを止めたらしい)が、それを上回るトイレ体験でした。

トイレ以外も観光したよ!
c0183002_2132055.jpg
c0183002_21322124.jpg
ストックホルムほどではないですが、コペンハーゲンも水の街です。アムステルダムを見本につくられた町並みらしいですが、確かに下の写真の風景は似てるような気もしますが、コペンハーゲンの方がカラフルで可愛らしい印象です。
この観光船、ちゃんとこの橋の下をくぐって行きました。水かさが増せば休みになるのかな。ルートを変えるのかな。

ちなみに写真1枚目が一番有名なスポット、ニューハウンです。人多過ぎでぞっとしました。対岸から眺めるだけで十分満足。
c0183002_21315257.jpg
聖アルバニ教会。人が少なくてほっとする。
c0183002_2146547.jpg
竜?の尻尾が絡まって塔になるという発想が凄く気に入りました。
[PR]
by yappu425 | 2012-09-19 21:54 | ヨーロッパ