<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ストラスブール(Strasbourg)到着  フランス東部の旅その1
c0183002_16561751.jpg

今回の旅の目的は「フランスの美しい小さな村を訪れる」です。オランダ・アムステルダム経由でストラスブールに入りました。アムステルダムのパスポートコントロールで目的地を聞かれ、「フランス」と言ったら「君の行先はストラスブールでしょ?ストラスブールはスイスだ。フランスではない」と言われました。。「私は訪れたことがあるから知っている」て言ってたけど、ストラスブールは紛れもなくフランスです!不安になって出会う人出会う人に確かめてしまったやないか。
(注:最初に到着する空港で入国審査&手荷物検査があります。シェンゲン条約に含まれる国へ乗り継ぐ場合は国内線扱いになるため、最終目的地では入国審査はありません)

ストラスブール(Strasbourg)はフランス北東部、ドイツとの国境にあるアルザスで一番大きな街です。アルザス地方と言えば、「最後の授業」の「フランス、アルザス。フランス、アルザス」の一節で聞いたことある人もいるんじゃないでしょうか。アルザス地方の変遷については後日記載します。

私が名前を知ってるくらいだから大きな空港と思いきや、日本の地方空港程度の大きさ。しかもタラップを降りてバスに乗り込むと、そのまま空港外の駐車場に降ろされる。何でも空港が封鎖されているとか。確かに空港を取り巻くように人がたむろしているが、どうも緊張感がない。しばらくして空港に入れるようになったものの、荷物がどこか分からず、やっと見つけたターンテーブルには荷物がなく、聞けば国際線から乗り継ぎの荷物は別場所を回ってたらしく、空港で電車の切符を買おうとしたらフランス語表記しかなく、駅のホームの自販機は故障中で切符が買えず、・・・到着早々ぐったり疲れました。
ちなみに駅で話しかけてきた空港関係者(多分)によると、封鎖の理由は「ああ、誰かの荷物がなくなると全員出入り禁止にして一応調べるのよ」と、日常茶飯事のごとくの回答でした。こんな風に皆さん結構気軽に話しかけてきます。ちょっとびっくり。
空港に降り立った瞬間から感じる牛糞の香り。なんか田舎だ。予定通りだけど、思ってた以上に田舎だ。
c0183002_1656193.jpg
が、ストラスブール駅はモダンな雰囲気。近未来的な外観ですが、この覆いの中は重厚なヨーロッパらしい建物になっています。

c0183002_16564872.jpg
ストラスブールは街全体が世界遺産に認定されています。旧市街を中心に重厚で木組みの目立つ建物が多い。家々は古いけれど、決して「古ぼけた」ではなく、時代を感じさせる味わい深い雰囲気です。

旧市街に向かって歩いている内に見えてくるノートルダム大聖堂。
c0183002_1656732.jpg

c0183002_16561091.jpg

c0183002_16561418.jpg

その大きさに圧倒されます。66mの展望台まで昇ることが出来るので挑戦。
c0183002_16562435.jpg

c0183002_16562813.jpg
屋根が結構急角度。そしてたわんでいる。大丈夫なのだろうか。屋根裏部屋に入ってみたいなあ。

c0183002_16563265.jpg
階段途中から。歳を取ると共に、こういうリアルな高さがちょっと怖くなってきました。
それにしても旅の初っ端にいきなり332段の階段はきつかった。しばらく筋肉痛を引きずる羽目になりました。
[PR]
by yappu425 | 2013-08-15 18:23 | ヨーロッパ
入道雲(ただし上から)
c0183002_1718536.jpg

今年はフランス東部に旅に出て参りました。(と言いつつ、写真は多分オランダ)
フランスは思ってたより暑く、思ってたより皆親切で、思ってたより湿気がありました。
(でも大阪はそれ以上に暑く、湿気がありました)
見事に似たような写真ばっかり撮ってきたので、皆様に私が感じたほど素敵な景色を紹介出来るか分かりませんが、一緒に街をぶらついてる気分に浸って頂ければ幸いです。
・・・何か月かかるかな・・。
c0183002_17184769.jpg

c0183002_17185724.jpg

[PR]
by yappu425 | 2013-08-14 17:34 | ヨーロッパ