<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ただいまお化粧中  姫路城その2
続き。
c0183002_20293683.jpg


c0183002_20294054.jpg

こちらは7階の壁部分。瓦が葺かれる前の屋根も見られてなかなか興味深い姿。
最後にお城を見たときは、黄砂の影響もあって白鷺というよりは亜麻鷺のような薄汚れた姿になっていたので
美しく漆喰のお化粧をしてもらえるのがとても楽しみです。
・・・「お化粧」ってより「整形手術」と言った方が正しそうな工事だけど。

c0183002_20294356.jpg
壁部分。土壁も剥がされています。小舞(こまい)かきと言うんですって。
c0183002_20294642.jpg
千鳥破風(富士山型の部分)の中身?はこんなふうになってます。この上に漆喰が塗られますよ。

c0183002_2029511.jpg

壁部分はガイドの方がおらず話が聞けませんでしたが、昭和の大修理以前は、内壁・外壁両方とも
漆喰の厚みは2~3mmだったとか。そんなに薄かったというのに驚きです。
今回は4~5層部分は土壁も取り除き、下地から徹底的に修理する模様ですが、
漆喰の原料(石灰、海草糊、麻など)が僅少なため調達に苦労しているそうです。
美しい姿に蘇った時には、壁の白さを取り戻すのも大変だったんだなあと眺めに来て下さいね!

工事は一応平成26年終了予定です。
ガイドのおじさんからは出来れば是非2度足を運んでください、と言われました。
1度は修理期間中に、もう1度は、これまた大変貴重な機会ですが、
お城完成後~天空の白鷺(この見学ホールのある建物)解体までの期間に。
修理の現場を見るのも勿論貴重ですが、完成したばかりの天守閣の最上階を真正面から
見る機会もまずないと思います。絶対行く!

c0183002_20293351.jpg

見学ホールからは姫路市街を一望できます。私はこの西の丸を臨む眺めが好きです。
天守閣から見るよりも、視界が広がる今の方が西の丸全容が見やすいですね。
右の方に見える建物を化粧櫓といい、千姫が過ごした間として知られています。

2代将軍・徳川秀忠とお江の娘である千姫は、豊臣秀頼の正妻として大阪城で暮らしましたが、
大阪の陣の折に救出されたと言われています。
その後徳川四天王・本多忠勝の孫、本多忠刻と再婚し、
本多家(当主は忠刻の父・忠政)が播磨国に移封になった際に姫路城に移り住みました。
化粧櫓には千姫が侍女と貝合わせ(かるただっけ?)に興じる姿を模した人形が飾ってあります。

逆に西の丸から天守閣を眺めるのも大変美しいよ。
(前回の工事前の写真が西の丸付近から撮ったものです)
暴れん坊将軍をはじめ、様々な時代劇に登場するときは大抵西の丸方面からの構図です。
(そして大抵キャプションは「江戸城」です。江戸に天守閣あったのなんか5代までやのに)

綺麗だったころの写真やお城の話はこちらをご覧ください

せっかくなので、もう1回続く。
[PR]
by yappu425 | 2012-02-27 20:46 | 兵庫
ただいま修理中  姫路城その1
さて、姫路城。
お城は平成の大修理真っ只中です。
c0183002_2103653.jpg

今の外観はこんな感じ。すっぽりと工事用のシートに覆われています。
c0183002_2105153.jpg
こんな姿だったのが
c0183002_2104382.jpg
すっかり覆われちゃいました。(ちょっと撮影位置が違いますが)

お城を取り囲むように組まれた足場の南側(1枚目写真のお城の絵が描いてある部分)に
8階建ての簡易ビルが作られており、この7・8階から修理の様子を見学することが出来ます。
他の階は資材の搬入や職人さんの出入りに使われている模様。
c0183002_211101.jpg
前回訪れたときは「ここからの眺めが一番迫力があります」と言われたのですが、別の意味で迫力。
大天守の手前に見える西小天守は包まれていません。「大天守の修理」なのでここは修理しないのかな?

正直な所、「一生に一度は姫路城を見てみたいです」と仰る遠路の方には
完成後の美しい姿を見て頂きたいですが、ほどほどの距離の方には是非この修理期間にも
足を運んでほしいと思います。
だってこんな文化遺産の解体工事の様子を間近で見られるのなんて、
貴方の生涯で恐らく最後の機会ですよ!

入場は基本的に予約制ですが、予約状況によっては当日申込みも可能です。
ただし予約者優先のため、待ち時間は長めになる模様。
事前予約は5日前までにwebから申し込みます。
1時間単位で希望時刻を選ぶ形になっていますが、時間は目安なのでいつ行っても構わないとか。
冬の間は結構空いているので、春休みまでの今がお勧め時期だと思います。
c0183002_2113248.jpg


エレベーターの搬送能力が低いため、1階でしばらく待つことになります。
私達が訪れた日は、11時頃で20分ほど待ちました。
昭和の修理の様子などがまとめられたビデオ放送を見ながら待つ人達は皆わくわく顔。

たくさんの人が上がって来れないお蔭で、見学フロアは比較的空いています。
天守閣の屋根部分を8階から、最上層の壁や破風部分を7階から、ゆっくりじっくり見ることが出来ますよ。
平日なら働く職人さんの姿を見ることも可能だとか。さすがに日曜日はお休みでした。残念。
c0183002_2112739.jpg
見学フロアには屋根&壁の模型が置かれ、どのような構造になっているのか説明が書かれています。
一生懸命見ているとボランティア?のおじさんが解説してくれました。

c0183002_2111733.jpg
瓦部分。総数6万余枚ですって。
使えるものは再利用し、割れたものや今後の使用に耐えないもの4000枚ほどは新品に取り換えたそうです。
平瓦と丸瓦が分かれている瓦ってちゃんと見たの初めて。
c0183002_2112289.jpg
確かに古い瓦の姿が。
現在の姿を築いた池田輝政の揚羽蝶、羽柴秀吉の桐の家紋が見えます。
従来の葺き方では、平瓦は粘土を盛った部分に針金で固定されます。
が、年数を経ると粘土部分の厚みにむらが出来るため、瓦の並びが不均等になってしまいます。
そこに台風など、強い風雨の衝撃がかかることで瓦が割れてしまうのだそうな。
今回の工事では、粘土の両脇に杉材の補強を入れ、瓦を杉*2・粘土の計3点で固定することにより、
粘土部分の凹みによる影響を軽減させるそうですよ。

既に平部は葺き終っており、後は棟部(てっぺん)、袖部(はしっこ)、鯱などを残すのみとなっていました。

次回へ続く。

※このシリーズでは細部までお見せしたいので、クリックすると大きな画像になるように設定しています。
 興味のある方はアップでご覧くださいね!
[PR]
by yappu425 | 2012-02-24 21:29 | 兵庫
猫日和
アニマルプラネット(CS放送の動物チャンネル)いわく、今日2.22はにゃんにゃんにゃんで猫の日。
今日エントリーすればよかった。日付変えておこう。

**********************

久しぶりに姫路城に行ってきました。
三の丸広場が猫だらけになってたので、お城の紹介より先に猫写真でも。
c0183002_2364618.jpg

c0183002_2363339.jpg

c0183002_2363769.jpg

c0183002_2364055.jpg

c0183002_2364323.jpg

c0183002_2364955.jpg

そんな私は猫より犬派です。でも猫は面白いから好き。
[PR]
by yappu425 | 2012-02-22 19:56 | 兵庫
明け方の空 レンズ習作
年末に買った24-105mm、なかなかデビューする機会をもらえてませんでしたが
ようやく素敵な空に巡り合えたので、試し撮りしてみました。
c0183002_19571952.jpg

c0183002_19571634.jpg

c0183002_19571119.jpg

105mmあるとかなり寄れていいなぁ。

本当は先週京都まで持ってったのに、バッテリー切れでデビューさせられなかったんだけどね!
カメラ持ってったら必ず何かトラブルがあるし、梅を撮るつもりが頑固そうな蕾しかないし、
鳥は全然おらへんし、今年は趣味の方向を見直せということなんでしょうか。
[PR]
by yappu425 | 2012-02-20 20:05 | 自宅
ペンギンサギ
ゴイサギ。
c0183002_22333939.jpg

醍醐天皇に位を授かって五位鷺というらしいですが、私には何だかペンギンに見えます。
・・と思ってgoogleで検索したら、「ゴイサギ ペンギン」と出てきて笑いました。
皆考えることは同じなのか。

c0183002_22334212.jpg

サギは目が怖いのが多いですが、この子は赤い目で妙に可愛い。
c0183002_22334520.jpg
飾り羽もぴよんとしててかわいい。

「ゴイサギちゃんと見たいなあ、でも遠出しないと見られないかなぁ」と思っていたら、
近所の公園にコロニーがありました。びっくり。
いつも静かに寝ているので、しばらく通っていたのに全然気が付きませんでした。。

そういえば先日、通勤途中のごみ置き場の上でジョウビタキがぶりぶり尻尾を振っていました。
期待しない方がいい結果に巡り合えるのか。
[PR]
by yappu425 | 2012-02-12 22:51 | 大阪
寝転んで
2月は一番花を買う時期です。
切り花のチューリップが出盛り、花のない時期のわびしい心を彩ってくれる上、
寒さのお蔭で非常に長持ちする嬉しさ。
どちらかというと渋好みな私ですが、この花だけは明るい色を買います。

・・・といいつつ、モノクロ。
合わせているのはブルーレースフラワー。白くてもブルーレース。
c0183002_19104021.jpg

以前「這いつくばって撮った」写真が妙に好評だったので、
せっかく部屋の中なんだし、「寝転がって上向きに」撮ってみました。
c0183002_19104747.jpg

c0183002_19104445.jpg

c0183002_19104297.jpg

どれもピン甘だなぁ。
・・今度はモノクロで誤魔化さないで、ちゃんと撮りたいものです。。
[PR]
by yappu425 | 2012-02-05 19:28 | 自宅