Strasbourg 船に乗って    フランス東部の旅その2
c0183002_1139224.jpg

教会から少し歩くとロアン宮に出ます。人の流れに沿ってそのまま歩いて行くと、遊覧船乗り場に出ました。
ストラスブールの中心街はぐるりとイル川に囲まれており、遊覧船はここを一周1時間10分のペースで周遊します。
ちょうど待ち時間もなかったので乗ってみることに。
c0183002_113949.jpg
これはオープンタイプですが、私が乗った船は屋根つきでした。船内はエアコンつき・手動開閉式の日よけつき。なかなか快適です。
c0183002_1138556.jpg
船はプティット・フランス(Petite France)と呼ばれる旧市街の美しい街並みが残るエリアを通ります。高低差があるため、運河方式で水位を上げて進みます。面白い。
c0183002_11385746.jpg

c0183002_11384455.jpg
クヴェール橋あたりで船はぐるりと旋回し、新市街の方へ向かいます。

なかなか楽しい1時間強を過ごした後、プティット・フランスへ戻りました。可愛らしい家のほとんどがホテルかレストランになっており、かなりの混雑。
c0183002_11393139.jpg

c0183002_11393414.jpg
結局ここでは食事せず、そのままぶらぶら歩いて適当な所でお店に入りましたが、レストランのおじさんが吃驚するくらい親切で、メニューの説明のためにわざわざスマホで言語変換してくれたり(ヘンテコな日本語になって笑いましたが)、外で食事する私の荷物が盗まれないように気を付けてくれたり、ちょくちょく様子を見に来てくれたり・・。最後は「私は日本の女性が大好きです」という変換結果を見せてくれましたw
[PR]
by yappu425 | 2013-09-01 11:58 | ヨーロッパ
<< Colmar(コルマール)、歴... ストラスブール(Strasbo... >>