Twilight Flight
もし関西方面に飛行機でお越しになる機会があれば、ぜひ夜着の伊丹便をご利用下さい。
そして必ず事前座席指定で、羽を避けて座席番号「A」をお選び下さい。
素晴らしい大阪の夜景が堪能できます。
c0183002_16552161.jpg


郊外に空港が移設される中、大都市のほぼ真上を着陸態勢で飛ぶ伊丹は世界でも珍しい空港となりました。
都市の真ん中に位置する空港の離発着は高い技術を要するため、
配属されるパイロットは皆熟練者だと聞いたことがあります。
急激に高度を上げる出発便も楽しいですが、やはりおすすめは夜景の中を着陸する到着便です。

空港到着まであと20分ほどになった頃、生駒山地を越えると、
着陸態勢に入った旨のアナウンスが流れます。
眼下には光の絨毯を広げたような景色が広がり始めます。
格子状に規則正しく並んだ光の中に、斜め掛けにしたネックレスのように見えるのが自動車道でしょうか。

不意にこれらの光が平面に広がった粒粒ではなく、高さを持った箱だとわかる瞬間が来ます。
この辺りから一軒家よりもマンションが目立つようになり、だんだんと色もオレンジだけだったのが
緑や赤や、色とりどりの光が見えるようになります。

徐々に高度が下がり、いよいよ大阪中心部に差し掛かります。
ひときわ高く明るいビル群が遠めに見えたら、注意してその手前をご覧下さい。
ライトアップされた大阪城がはっきりわかると思います。
奥の高層ビル群が梅田(大阪キタ)です。
キタのビル群が見えなくなると、幅広の真っ暗な帯を通り過ぎます。これが淀川です。
8月の第一土曜に飛行機に乗る機会があるなら、伊丹空港到着8時過ぎ~9時の便を選べば
淀川花火大会の模様も同時に楽しむことができます(私が見てみたい!)。
この川を越えたあたりで機体から足が出るのがわかるでしょう。
空港着陸まであと3分ほどです。

電子機器類の利用を禁じられてなければカメラを出したくなること請け合いですが、
あのスピードで満足いく撮影が出来るとは思えないので諦めましょう。
挑戦したい!という方、手巻きのフィルムカメラなら大丈夫なので挑戦してみてください。

尚、年に数日ですが風向きにより滑走路の利用方向が変わる日があります。
これに当たった場合は残念ながら大阪上空を低高度では飛びません。
逆に珍しい日に当たったと思ってください。
普段は必ず大阪都市部を左手に見ながら低空飛行しますので、必ず進行方向左手(座席番号A)を選んでくださいね!
c0183002_1655911.jpg

c0183002_16551239.jpg

c0183002_16551644.jpg


・・などと本文を書きながら、写真は右の窓際しか取れなかった時のもの。
1枚目は我が家から。もうすぐマンションが建ってこの景色が見られなくなるので、記念に。
よく見たら空に飛行機がいますので探してみてね!
[PR]
by yappu425 | 2011-10-31 16:59 | 大阪
<< うーみはあーらーうーみー オペレーション・アリガトウ >>