オペレーション・アリガトウ
長らく続けた東北編も今回で終了にしようと思います。
ラストは空港関連のお話でも。
c0183002_1744729.jpg
※奥に見えるのが松林(海岸沿い)です。ほぼ立ち枯れた状態。
c0183002_1744327.jpg
※臨時バスの車窓より。

往復とも仙台空港を利用した今回の旅でしたが、
それが出来たのも米軍・自衛隊・空港関係者の懸命の努力のおかげです。

完全に水没し、関係者をして「もう利用は無理なんじゃないか」と言わしめた仙台空港を
ほんの数日で救援物資搬入の拠点として利用可能な状態に整備し、
1か月後には暫定ながら国内線運行再開にまでこぎつけた彼らの活躍は、
TVニュースでも復興の象徴として取り上げられたと聞きました。
c0183002_1744174.jpg
※津波到達水位を記した柱。
 周りにはあちこちから寄せられた励まし&決意表明のメッセージが置かれていました。

ここではネットの中で話題となった、「ARIGATO」にまつわるお話を紹介したいと思います。
「トモダチ作戦」と名付けられた任務にあたった米軍特殊部隊の司令官が、
浜辺に木材で描かれた「ARIGATO」の文字を発見し感激したというニュースが米国で報じられ、
話題となりました。
私も早い時期にこのニュースを目にしました。そのときは「いい話だなあ」位にしか思わなかったのですが、
「ARIGATO」の作者がどんな経緯で、どんな思いで、どんな工夫をして、どんな苦労をして
この文字を描いたかが紹介されているサイトがありました。
オペレーション・アリガトウ
なんというか、男気に溢れるというのはこういうことでしょうか。是非ご一読ください。
※感動しやすい人は周りに気を付けて読んだ方がいいです。

震災関連では、クロネコヤマトさんの支援活動も素晴らしい話でした。
まだ読んでない方は是非一度目を通してみてください。
ほぼ日刊イトイ新聞 クロネコヤマトのDNA

c0183002_17443367.jpg
空港再開のおかげで素晴らしい景色を堪能できたよ!
[PR]
by yappu425 | 2011-10-28 17:50 | 東北
<< Twilight Flight 立石寺 最上義光公霊屋 >>