スイスの車窓から レーティッシュ鉄道アルブラ線_2  スイスその25
スイス編、あと3回くらいで終わると思います。年内に何とかするぞ。
c0183002_21311631.jpg
今回は列車を入れた車窓をお送り致します。




ベルニナ急行はクール→サンモリッツ(ポントレジーナ)→ティラノを走ります。前半をアルブラ線、後半をベルニナ線と言い、
景観と列車が世界遺産に登録されてます。
スイス最終日はクール→ティラノ→ミラノへベルニナ急行+イタリア列車で列車の旅、というのが当初目標でしたが、
クール→ティラノ直行のベルニナ急行(1日1便)は満席だったため、クール→サンモリッツを普通の特急列車、
サンモリッツ→ティラノをベルニナ急行に乗ることにしました。
ベルニナ急行は窓も大きくかっこええ列車なので一度乗ってみたかったのですが、乗車した人の感想を読んでいると
「窓が開かない」「満席だと動けない」「天井まで窓なので、天気が良いと頭が焼けて暑い」と今ひとつ。
そんなもんなのか体験してみよう。
ちなみにベルニナ急行は全席指定、2両ほど指定不要の普通列車も繋いでいますが車輌の差がすごいよ。
c0183002_21312144.jpg
高さ65mのランドヴァッサー橋。
アルブラ線では一番の絶景ポイントですが、残念ながら工事中でした。
この赤い幕が見られるのはある意味貴重?
c0183002_21312759.jpg
c0183002_21313573.jpg
山を越え、谷を越え、トンネルを抜けるうちに霧が深くなってきました。
晴天の景色も見てみたかったですが、これはこれで幽玄な雰囲気。
c0183002_21314840.jpg
結構気に入ってる1枚。水墨画のよう。
[PR]
by yappu425 | 2009-12-21 10:51 | ヨーロッパ
<< スイスの車窓から ベルニナ編_... ついに!  いちごちゃん観察記その6 >>