BRIENZ ROTHORN_2 憧れの蒸気機関車 スイスその13
c0183002_21513863.jpg
今回は蒲鉾型のこの可愛い機関車を中心にお送りします^^
途中駅で水を補充する図。





帰って来てから大活躍の地球の歩き方から抜粋しますと、
「ブリエンツ・ロートホルン鉄道BRBは、世界の鉄道マニアの憧れの的。
日本でもおなじみのアプト式登山鉄道で、最大勾配は250パミール。
そして機関車が、傾斜の分だけボイラーを傾けた蒸気機関車なのだ。
SLとしては世界一急勾配で、スイスで唯一電化されていない鉄道でもある。後略」
c0183002_21552993.jpg
水平が取れてなくてすいません。
上の説明の通り、機関車部分が傾いてます。この写真だと車両の方が傾いてますが・・・・
そして相変わらず機関車は引っ張るのではなく後ろから押します。
正確には登りも下りも機関車が下になります。

機関車の頭を回す設備って分かりますかね? 
  ↓ こんなやつ。ここでくりくりと機関車を回して反転させます。
c0183002_22424871.jpg

私が乗った登山鉄道では、頭を回転させる必要がないのでこの設備がありません。
そんな場所もない、というのも大きいのだろうか。

c0183002_22391838.jpg
列車全容はこんな感じ。終点駅は向こう側が断崖なので、恐ろしく見晴らしの良い景色。
c0183002_21473828.jpg
かまぼこ型の車体はとてもかわいい。ここでも赤が効いています。
窓はありません。
c0183002_2150162.jpg
下り始める列車。
スケールにハイカーを入れてみました(列車の右)。駅は頂上右端の建物の更に右です。
「私たちもここをハイキングしてみたい」という欲が少し頭をもたげましたが、
高所恐怖症連れではさすがに誘えませんでした。
何となく勾配のきつさが伝わるでしょうか?
実際はもっと迫力の景色なんだよなあ。こういう写真で臨場感ってどうやったら出せるんでしょう?
皆に乗ってきて欲しいなあ。

c0183002_21501356.jpg
c0183002_21502466.jpg
確かにこの写真、機関車部の傾きが水平線に対して水平になってる気がします。

以上、ブリエンツ・ロートホルン鉄道でした。
c0183002_2155476.jpg

[PR]
by yappu425 | 2009-09-30 23:06 | ヨーロッパ
<< Grindelwald_3 ロ... BRIENZ ROTHORN_... >>