Kleine Scheidegg_1 クライネ・シャイデック 威風堂々 スイスその8
c0183002_10172346.jpg

グリンデルワルドから30分強でクライネ・シャイデックに着きます。
少しこの地方の地理を説明しておきます。
つたない文章で位置関係が分かるか不安ですが、
玄関口にあたるインターラーケン(567m)からユングフラウ(4000m超)に向かうには、
真ん中にメンリッヒェン(2239m)の山があるので左右に迂回するルート(電車)を採る事になります。
右回りはラウターブルンネン(797m)、左回りはグリンデルワルド(1034m)が中継駅になります。
どちらもここで電車を乗り換え、山の麓にある両電車の終点・クライネ・シャイデック(2061m)に向かいます。
そしてクライネ・シャイデックからユングフラウヨッホ(3454m)まで山岳列車が登ります(写真1枚目)。

要するにクライネ・シャイデックは3路線の発着地であり、
ベルナーアルプス3兄弟を間近に臨む素晴らしいポイントなのです。




c0183002_10173244.jpg
これはグリンデルワルド~クライネ・シャイデックを走る登山鉄道。
登山鉄道らしく、やや幅が狭くて無骨な感じの列車でした。7:49発なので列車は空いていますが、
時期が時期ならこの時間でも満員でしょう。
c0183002_10174573.jpg
コントラストが強すぎてイマイチの写真になってしまいましたが、
最終目的地・ユングフラウヨッホを目指すユングフラウ鉄道。
後ろの山は右がユングフラウ、左の切れているのがメンヒです。
で、メンヒの右隣にある白い氷河の上に、黒っぽいごつごつしたものが分かると思いますが、
これが終点駅・ユングフラウヨッホです。
(次回アップ写真を載せますが、スケールはこちらの方が伝わると思います)
c0183002_10175964.jpg
こっちの方が分かりやすいかな?
写真でご想像もつきましょうが、この岩山の中に作られたトンネルを走ります。
1895年竣工だそうで、異人さんはえらい事を考えるんですなあ・・。
料金もべらぼうに高く、グリンデルワルドからだと往復162CHF(約14000円)。
c0183002_1018622.jpg
堂々としたユングフラウ。
この山の辺りがスイスで最初に世界遺産に登録されました。

で、我々ですが・・・
ユングフラウヨッホまでは登りませんでした。
高山病を心配したのが一つ。山は仰ぎ見る方が好きだから、というのが一つ。
こういう絶景は自力で登った人達へのご褒美であるべきなんじゃないかというのが一つ。
ロープウェイで散々あちこち登っておいてこんなことを思うのも変なんですけど、
何か山に圧倒されたんだよな。
ちょっと惜しいことをしたんじゃなかろうかと言う小さな後悔の念が、
こうやってまとめる段になって初めて涌いてきた気もしますが・・・
旅行なんてもんは、ちょっと位思い残す事がある位の方がいいんだよ。
[PR]
by yappu425 | 2009-09-19 11:15 | ヨーロッパ
<< あひるちゃん!  水都大阪20... Grindelwald_2 ... >>