Schynige Platte_1 シーニゲ・プラッテ スイスその4
※沢山載せたかったのでファイルサイズを小さくするよう努力しましたが、
 重いよ!と言う方いらっしゃいましたらすいません。。
c0183002_14412211.jpg

ベルンを後にして、いよいよ前半のメイン・ベルナーアルプスへ向かいます。
山と湖の国スイスには「アルプス」と名の付く山脈がたくさんありますが、
世界遺産に選ばれているユングフラウヨッホを擁するのがベルナーアルプスです。





今日は申し分のない良いお天気なので、ちょうどアルプスのお向かいにあるシーニゲ・プラッテに
登ることにしました。
標高1967mの頂上まで、可愛い登山列車が走っています。
c0183002_14401051.jpg

ベルナーアルプスの玄関口・インターラーケンから一駅のウィルダーズウィル(Wilderswil)から、
時速12kmで1時間かけて約1500m登るよ!
パンフレットによると、1893年6月に運転開始したそうです。明治時代だよ!すげー。
c0183002_14402493.jpg

c0183002_14403372.jpg

前回のおまけで「列車運行は非常に正確」と書きました。
こういう登山列車はシーズンは大変人気なので混みます。場合によっては乗り切れなかったり、
ツアーの団体客とぶち当たることも当然あります。
そんな時は、なんと同じ時間に前後して2本、列車が走ります。
このときも私たちは後発のがらがら列車に乗ることが出来ました。
おかげで、「列車が走る様子を外から写真に収めたい」と言う思いが叶うことに。素晴らしいぜ。
ちなみにこの先何度も列車に乗りましたが、団体さんは大体貸切車両になるので、
ツアー客の間に混ざって気まずい思い、なんてのもありませんでした。
(まあ・・・ツアーと時間被らないように色んなツアー調べて移動調整してたのもありますが・・・)

c0183002_14404479.jpg

走り始めてすぐ越えた川。汚い色の水にびっくり!氷河が溶けた水が混じると濁るそうですが、凄い色!

c0183002_14405643.jpg
すぐそこに見えていた景色も、
c0183002_14411154.jpg
カーブやトンネルを越えるごとに見下ろす形になりました。
上の写真の左の村が、もう1枚上の写真に写ってる村です。
大変美しいブリエンツ湖も見えて来ました。明日はこの湖を渡る予定です。
c0183002_14414430.jpg
単線なので、駅で列車待ちします。
乗ってる人も皆ニコニコして、お互いの車両の写真を撮りあう時間。

c0183002_1505146.jpg

ガタゴトと音を立てて進む列車。「ごろごろにゃーん」と言う絵本を思い出しました(ご存知の方います?)。
ごろごろにゃーん、とれっしゃはすすんでいきます。
c0183002_1513698.jpg

ごろごろにゃーん、とれっしゃはすすんでいきます。

ちなみにこの写ってる列車、我々の前を走ってるものですが何かお気づきになりました?
勾配がきついせいか、機関車が前でなく後ろについてるんです。なんかかわいい。

後半につづく。
[PR]
by yappu425 | 2009-09-12 15:14 | ヨーロッパ
<< Schynige Platte... BERN_3 ベルン遠景  ス... >>