雨の石上神宮
c0183002_2273159.jpg
長谷寺参拝後、久しぶりに石上神宮(いそのかみじんぐう)に御参りに行きました。

境内に踏み入れ、参拝して戻りかけた途端、いきなり雨が降り出しました。
あっという間に尋常じゃない降り方に。
雨宿りには心もとないような楼門横のスペースで、止むのを待つこと1時間。
本降りの雨の写真なんか撮るの初めて!結構わくわくして過ごすことが出来ました。
c0183002_2265519.jpg
なかなか雨が写らず苦労。
c0183002_227507.jpg
c0183002_228729.jpg

すっかり湿気ましたが、良い体験でした。



石上神宮について、たまにはマニアックな話題を。

恐らく日本史の教科書で一度は目にされているちんがとんな刀・七支刀が見つかったことで有名です。
・・・ちんがとん って通じるんかな?互い違いのこと。

御祭神は七支刀とは関係ないですが、刀に宿る神霊・布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)。
国譲りの神様・武甕槌神(たけみかずちのかみ)が所有していた剣と言われています。
武甕槌神といえば鹿島神宮ですが、春日大社の御祭神でもあります。
奈良で鹿が神聖視されているのは、武甕槌神が奈良に白い鹿に乗って来られたからです。
前も書いたな、これ。

「神宮」とつく神社は現在30足らずですが、このうち最も歴史の古いのがここ、石上神宮です。
日本書紀には伊勢神宮・石上神宮のみ名前がありました。
現在の○○神宮は明治以後、天皇が御祭神の神社に付けられていることが多いですが、
平安~江戸時代までは伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮(何故か石上神宮は外れる)の3社のみでした。
ついでに、現在は「神宮」と略すと伊勢神宮を指します。

マニアックすぎて興味のない方へ、鶏が沢山いて面白いよ!
c0183002_2283138.jpg
c0183002_228419.jpg

逃げないので怖い人は怖いと思う。私も囲まれました。
[PR]
by yappu425 | 2009-06-04 22:44 | 奈良
<< いちごちゃん観察日記 その2 ひつじみみ >>