snow monster!   山形蔵王・樹氷見学の旅 その1
c0183002_21532821.jpg


大雪を見に山形・蔵王へ行って参りました!
本当に本当に綺麗で、見に行って良かった。
思ったより寒さも平気だったし、スノーシューはめちゃくちゃ楽しかったし、
毎度の事ながら色々と運も良かったし、本当に大満足の旅行になりました。
今後しばらくは旅行記と雪写真が続きますがご容赦下さい。




c0183002_21552758.jpg

フード歪んでつけてしまった。。焦りは禁物だ!でも寒いんだ!

数ある豪雪地帯、雪景色の有名な地の中で蔵王を選んだ理由は次の通りです。

・空港からの足がある
  →雪道運転なんて絶対無理なので、これは必須。
・すぐ近くに温泉がある
  →寒すぎたり吹雪いたときの救助策として。
・すぐ近くにスキー場がある
  →防寒グッズのレンタルが可能。スノーシューをするのだ!
・変わったものが見られる
  →樹氷を見てみたい。
・1泊2日でも勿体無さを感じにくい距離  
  →伊丹7:55の飛行機に乗り、約11:00に蔵王温泉に到着。
   長野に行くより簡単なのだ。
・未踏県4県(山形、新潟、栃木、高知)の一つだったらいいな
  →残り3県で全県制覇だ!

伊丹からは山形空港・仙台空港がありますが、仙台空港の方が便数も多いし
山形蔵王までの直通バスもあるし、雪が少ないので欠航になりにくいし、
ということで仙台空港からのアプローチです。

仙台は雪の名残も見当たらないほどのお天気で、山形市中心部?も
「但馬の方が雪あるなあ・・」という積雪加減。
やや不安になりましたが、私は甘かった!蔵王は山だ!
うねうねと山を登って行くうちに、白銀の世界が広がりはじめました。

振り返れば雪を抱いた月山をはじめとする山並みが。
所謂「曇り時々晴れ」のお天気でしたが、山々は霞むことなく割とよく見えました。
ガイドさんによると「この時期でこれだけ向こうの山々が見えることはあんまりないので、
今日は樹氷も見えるかも知れませんね」とのこと。

そうこうするうちに蔵王センタープラザに到着。
レンタルのしばスキーさんでスノーシュー装備一式(防寒ブーツ・スノーシュー・ストック・ゴーグル・
グローブ+ウェア)を借り、いざ樹氷山頂へ出発だ!

蔵王ロープウェイ山麓線で山麓~樹氷高原へ。ここで山頂線に乗り継いで樹氷山頂駅へ。
山頂線は樹氷見物客が優先的に乗車出来るようになっています。
スノーシューは見物客として扱われました。ラッキーだ!

山頂駅を出ると眼前に樹氷林が広がります。
霞み方がとても綺麗!気温は-10℃くらいだと思うんですが、防寒着の効果抜群で
全然寒くないよ!
常連っぽいおじさんに「スノーシューいいねえ!せっかくだから近くまで行っておいで!
こんなに綺麗に見えることなんて滅多にないから!」と言われ、調子に乗ってざくざくと雪を進みます。
近づきすぎると危ない、と聞いていたので、程ほどに近づいて見学。
自然の造形美に感動です。

c0183002_21524232.jpg

吹き溜まりになる側の斜面(南っぽいんだけど・・)は、木々も埋まるほどの雪量でした。
所々もこもこしてるのが樹氷です。
c0183002_21551337.jpg

到着当初はシルバーのグラデーションが美しい樹氷林でしたが・・
c0183002_21531233.jpg

やがて空には晴れ間が・・
c0183002_21541465.jpg

すっかり霧も晴れました。と言っても、15秒ほどで変わる天候。
c0183002_21534915.jpg

雲が晴れたと思ったら現れた飛行機。上がる歓声。
c0183002_21542798.jpg

樹氷のもと、通称「えびのしっぽ」。これが育っていきます。
かちこちに凍っていて、突っついたくらいでは壊れませんでした。
[PR]
by yappu425 | 2009-02-10 11:43 | 東北
<< 樹氷原  蔵王その2 木の力、土地の力 >>